マグミクス | manga * anime * game

【漫画】車の扉を開けようとしたらヤンキーが「ちょっと」 まさかの勘違いに「恥ずかしい!」

コンビニの駐車場で、こちらを睨んでいるヤンキーに気付いた作者。早く帰ろうと車のドアに手をかけると、そのヤンキーが近づいてきて……。Instagramで公開されたマンガが、「あるある!」と話題になっています。作者のババレオさんにお話を聞きました。

一触即発かと思ったけど?

マンガ「ヤンキーと一触即発」のカット(ババレオさん提供)
マンガ「ヤンキーと一触即発」のカット(ババレオさん提供)

 ヤンキーが声をかけてきた理由について描いたマンガ「ヤンキーと一触即発」が、Instagramで5100以上のいいねを集めて話題となっています。

 コンビニの駐車場で、見知らぬヤンキーに睨まれていると感じた作者。嫌な感じがして早く帰りたい作者でしたが、なぜか車のドアが開きません。すると、ヤンキーがこちらに近づいてきて……。読者からは、「あるある!」「私も似たような経験したことあります!」などの声があがっています。

 このマンガを描いたのは、ブロガーのババレオさん(@babareoyomeko)です。Instagramやブログ「世にも奇妙ななんかの話」などでマンガを発表しています。ババレオさんに、作品についてのお話を聞きました。

ーーマンガを描き始めたのは、いつ頃からでしょうか?

 最初に描いたのは小学2年生頃で、本格的に描き始めたのは25歳からです。

ーー今回のマンガを描いたきっかけを教えて下さい。

 とても恥ずかしい出来事だったので、「みんなに笑ってもらうことで供養したい」という理由で描きました。

ーー勘違いした車は、ババレオさんと同じ車種だったのですか?

 車種、年式、色、まったく同じでした。

ーーこのあと、ヤンキーから何か言われましたか?

 特に言われていません。指摘されたあと、そのまま別れました。

ーー第一印象のヤンキーと、話しかけられたあとのヤンキーとで、印象に違いはありましたか?

「あ、ちゃんと敬語で指摘してきた」と思いました。最初はすごく睨まれている気がしたのですが、見知らぬ私が自分の車に手をかけているのですから、相手のほうが不安だったかもしれません。不信感を持っていたから、そんな表情をしていたのかなと思いました。

ーー帰りの車内では、どのような心境でしたか?

 とにかく恥ずかしかったです。「やってしまった」という感じです。

ーー作品について、どのような意見が寄せられていますか?

「あるある」「私も似たような経験をしたことがあります」など、共感のコメントをたくさんいただきました。また、「ヤンキーは目の前で車上荒らしにあっている気分だったのかな」などのコメントもありました。

ーー創作活動で今後、取り組んでいきたいことを教えて下さい。

 今後は、マンガ動画の制作を検討しています。

(マグミクス編集部)

【マンガ】車の扉を開けようとしたらヤンキーが「ちょっと」 作者が赤面してしまった事件とは 本編を読む

画像ギャラリー