マグミクス | manga * anime * game

【ボードゲーム人生相談】同窓会に行きたくない。自分の人生が嫌になります(41歳女性)

数%しか知らない他人の一部と比べる「無意味さ」

多様な選択肢のイメージ(画像:写真AC)
多様な選択肢のイメージ(画像:写真AC)

「人生がうまくいっていない」「負け組」と思うとき、「何と比べて?」という問題があります。今回のご相談では同級生と比べてということになるでしょうか。

 しかし他人は他人、自分は自分。どんなに幸せそうにしていても、他人から分からない困難があるかもしれませんし、「あの人と比べれば自分は恵まれている」と考えたとしても、相手には他人から分からない幸せがあるかもしれません。結局、わずか数パーセントしか知らない他人の一部を取り上げて比べても、意味がないことなのです。

 比べる対象として提案したいのは、「可能世界の自分」です。私たちは過去に無数の選択をして、今ここまで来ています。その選択がひとつでも異なっていたら、今の自分の生き方は全く違ったものになったでしょう。その無数の選択によって枝分かれし、今とは異なる生き方をしている自分。これと現実の今の自分を比べてみるのです。

 確かに「あのとき、ああすれば今の自分はもっと幸せになっていた」と後悔することもあるでしょう。偶然の出来事や、他人の影響もあるでしょう。しかし逆に、今よりもっと良くないこともあったはずで、極端な話、事故や病気で死んでいた可能性だって考えられます。総合的に比べていくと、今の生き方が最高とまではいかなくとも、中の上くらいになるのではないでしょうか。

「いやいや、可能世界の自分と比べても、今の生き方はかなり下の方だ」と思うならば、今後の可能世界の自分を考えてみましょう。

 未来にも、無限の可能世界があります。今がかなり下の方だというならば、これからの伸びしろもその分あるはず。どのような毎日を送れば、上向きの可能世界がやってくるのか、虚心坦懐に考えてみます。明けない夜はありません。輝かしいとまではいかなくても、心穏やかに満足して生活できる未来の自分が引き寄せられることを祈念いたします。

* * *

 人生は分岐の連続です。あたかも思い思いの行き先を目指す鉄道路線のように……。「ひとは誰でも しあわせさがす旅人のようなもの 希望の星に めぐりあうまで歩きつづけるだろう(銀河鉄道999)」

『トランスアメリカ&ジャパン』(コザイク)

 アメリカや日本で指定された5つの都市を、線路でいち早くつなげるゲーム。ほかの人の路線とつながれば共有できるので、どこまで人に任せて、どこを自分で延ばすかという駆け引きが楽しめます。2~6人用、8歳以上、30分、4000円(税別)

(小野卓也)

【画像】人生のレールを思うままにつなげる? 線路のボードゲーム

画像ギャラリー

1 2