マグミクス | manga * anime * game

「まだ続く?」野球マンガと甲子園のコラボ動画シリーズ 「胸アツ」「色んな篇見たい」

2024年に開場から100周年を迎える阪神甲子園球場は、甲子園にゆかりのあるマンガ9作品とコラボし、『阪神甲子園球場100周年記念マンガコラボムービー』が2022年から公開されています。夏の甲子園が近付くなか、今回はコラボムービーに対するファンの声と合わせて紹介します。

甲子園開幕前に見たいオリジナルムービー!

「阪神甲子園球場100周年記念事業キービジュアル」
「阪神甲子園球場100周年記念事業キービジュアル」

 2024年に開場から100周年となる阪神甲子園球場を運営する阪神電気鉄道株式会社は、高校球児たちを描いた名作マンガ9作品とコラボした『阪神甲子園球場100周年記念マンガコラボムービー』を定期的に公開しています。ムービーは現状『聖地・甲子園篇』『友情篇』『応援篇』の3本があり、いずれも名作マンガの名シーンが差し込まれ、心を震わせてくれる動画です。動画は2022年から公開されていますが、23年夏の甲子園大会の開幕が8月6日に迫り、名作の思い出とともに再度盛り上がりを見せています。

『阪神甲子園球場100周年記念マンガコラボムービー』とコラボした野球マンガは、『ドカベン』『巨人の星』『タッチ』『H2』『MIX』『ダイヤのA』『ダイヤのA actII』『プレイボール』『ROOKIES』の9作品です。世代や、出版社の壁を越えたコラボ動画には、感動の声が集まっています。

 2022年8月から公開されている1本目の『聖地・甲子園篇』は、スタンドの大声援をバックに『ドカベン』の主人公・山田太郎がホームランを打つシーンから始まります。その後もテンポよく各作品の名シーンが描かれており、ネット上では「最初にドカベン持ってくるの感動した」「野球部に入ったことないけど、甲子園はなぜかみんなの青春なんだよな」といった熱いコメントが多数寄せられています。

 続いて22年12月に公開された『友情篇』ではその名の通り、名作マンガの選手同士の友情の名場面が蘇ります。『ドカベン』の山田と里中智、『巨人の星』の星飛雄馬と伴宙太の友情などが描かれており、感動の声が続出しました。「懐かしいのも多くて泣きそうになってしまった」「『タッチ』の達也が孝太郎に『つぶれるときはいっしょだぜ』って言う場面あって超うれしい」「『ROOKIES』の元不良たちの絆は何度見てもアツい」などの声が上がっています。

 3本目の『応援篇』は、2023年3月18日開幕の第95回選抜大会前に公開され、選手の活躍を盛り上げる選りすぐりの応援の名場面が集められました。「明訓(『ドカベン』)の応援は熱いなぁ」「名作は細かい応援団のキャラのひとりひとりまで丁寧に描いてるな」と反響を呼び、さらに実際の大会中に甲子園のビジョンでも流れたため、「これを流すのは反則だよ…マジで泣けた」「ビジョンで見て、選手も応援している人達も合わせて好きだと再認識した」と、現地で観戦していた熱心なファンの間でも話題となっています。

 いずれの動画もテーマ曲「KOSHIEN FOREVER」が使用され、音楽の効果も相まって感動をさらに掻き立てているようです。「阪神甲子園球場100周年記念事業」は2024年12月頃まで行われることが発表されており、コラボムービーも「100周年となる2024年までの間に随時公開予定」とされているため、さらなる動画の更新に注目が集まっています。

「次は『監督篇』かな」「負けたチームの描き方もどの作品も素晴らしいし、『敗北篇』とかでまとめてほしい」「今からでもさらに他の野球マンガ追加してくれないかな」と、いろんな期待の声があります。23年の夏大会中に第4弾は更新されるのでしょうか。

コピーライト表記:『ドカベン』 (C)水島プロダクション  『巨人の星』 (C)梶原一騎・川崎のぼる/講談社 『タッチ』 (C)あだち充/小学館 『H2』 (C)あだち充/小学館  『MIX』 (C)あだち充/小学館 ゲッサン  『ダイヤのA』 (C)寺嶋裕二/講談社 『ダイヤのA actII』 (C)寺嶋裕二/講談社『プレイボール』 (C)ちばあきお/集英社  『ROOKIES』 (C)森田まさのり・スタジオヒットマン/集英社

(LUIS FIELD)

【画像】静止画でもムネアツ!死闘、友情、応援側の気持ちに感動する「甲子園×名作野球マンガ」コラボ(4枚)

画像ギャラリー

1 2