マグミクス | manga * anime * game

これはひどい(大絶賛)『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』に杏 片岡愛之助参戦

映画『翔んで埼玉』続編に、杏さんと片岡愛之助さんが出演します。それぞれ「滋賀のオスカル」「大阪府知事」という役どころで、杏さんいわく「どうかしている(褒め言葉)」とのことです。

「埼玉に海を作る!」そうですよ

『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』キャラクターポスター
『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』キャラクターポスター

 2023年11月23日(木・祝)に劇場公開される映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』の、新キャスト情報がアナウンスされました。あわせてキャラクターポスター、キャラクター動画も公開されています。

 魔夜峰央先生によるマンガ『翔んで埼玉』を原作とする、2019年にGACKTさん(麻実麗役)および二階堂ふみさん(壇ノ浦百美役)主演で公開された同題映画の続編である本作は、ふたりが「埼玉に海を作る」という目的のもと向かった先の関西における、新たな出会いと戦いが描かれます。

 その関西で出会うひとりが、関西圏でも存在する「通行手形制度」の撤廃を求める「滋賀解放戦線」のリーダーで、儚くも美しい容姿や立ち居振る舞いから“滋賀のオスカル”と呼ばれている「桔梗 魁(ききょう かい)」です。演じるのは女優の杏さん(東京出身/フランス在住)で、杏さんにとって初の男役といいます。

 今回の発表にあたり杏さんは「宿命を背負う“滋賀のオスカル”として、私は東京出身ではありますが、心は琵琶湖にささげるつもりで演じました」「こんなに豪華なのに、起きていることはかなりバカバカしい。現場では何度も『これは何なんだ!』『どうかしている(褒め言葉)』と繰り返しながら撮影していました」と述べています。

 さらに、通行手形制度と謎の施設「甲子園」を用いて関西圏を牛耳り、日本全土の大阪化を狙っている冷酷無慈悲な大阪府知事「嘉祥寺 晃(かしょうじ あきら)」役に、大阪府堺市出身の片岡愛之助さんがキャスティングされました。

「生粋の大阪人なので、“大阪府知事”の役をいただいて大変恐縮でございます」という片岡さんは本作について、「僕自身の大阪愛を精一杯込めて、全世界を大阪にしてやるんだ! と熱い思いで演じました。役者人生の中で3本の指に入る名作になったと思います。迷作ではなく、『名作』です」としています。

【プロローグ】
その昔、東京都民からひどい迫害を受けていた埼玉県人は自由を求め立ち上がった。
麻実麗・壇ノ浦百美をはじめとする埼玉解放戦線の活躍により通行手形制度が撤廃され埼玉は平穏な日常を手に入れた。
しかし、それは単なる序章に過ぎなかった……。
さらなる自由と平和を求め、埼玉の心をふたたびひとつにするため、埼玉解放戦線は次なる野望へと突き進む。
~日本埼玉化計画・第II章 東西対決~
遥か西の地・関西へと飛び火したこの事態は東西の天下を分かち全国をも巻き込む大事件へと発展していく。
史上類を見ない壮絶なディスバトルの火蓋が今、切られようとしていた――。

【作品情報】
タイトル:『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』
公開日:2023年11月23日(木・祝)
キャスト:GACKT/二階堂ふみ/杏/片岡愛之助 ほか
原作:『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』魔夜峰央(宝島社)
監督:武内英樹(「のだめカンタービレ」シリーズ、「テルマエ・ロマエ」シリーズ、「ルパンの娘」シリーズほか)
脚本:徳永友一(「探偵の探偵」「僕たちがやりました」「かぐや様は告らせたい」シリーズ、『ライアー×ライアー』ほか)

(C)2023 映画「翔んで埼玉」製作委員会

(マグミクス編集部)

【画像】全身像ver.のキャラクターポスターもチェックする!(2枚)

画像ギャラリー

1 2