マグミクス | manga * anime * game

「一味で1番心配」 死亡フラグ(?)が立ってるゾロの今後をファンが予想

『ONE PIECE』麦わらの一味の最初の仲間で、ルフィからも絶大な信頼を寄せられる剣士ロロノア・ゾロには、これまでたびたび「死亡フラグ」が立っており、その度にファンを不安にさせていました。果たして、死亡フラグのような描写は何かの伏線なのでしょうか?

死亡フラグ立ちすぎ(?)のゾロ

「Portrait.Of.Pirates ワンピースシリーズ Sailing Again ロロノア・ゾロ」(メガハウス)
「Portrait.Of.Pirates ワンピースシリーズ Sailing Again ロロノア・ゾロ」(メガハウス)

『ONE PIECE』麦わらの一味の最初の仲間で、ルフィからも絶大な信頼を寄せられる剣士ロロノア・ゾロには、これまでの物語で何度か「死亡フラグが立った」と噂されている場面があり、ファンを不安にさせていました。今回は、これまでに登場した「ゾロの死亡フラグ(?)」を振り返ります。

 最近のゾロの死亡フラグは、2022年4月25日発売の「週刊少年ジャンプ」21・22合併号に掲載された、第1047話のカラー扉絵です。麦わらの一味のなかで、ゾロだけが不自然な後ろ姿で描かれていました。

 麦わらの一味のメンバーはビーチでリラックスしている様子で、それぞれがハンモックやチェアでくつろいだり、はしゃいだりしています。しかし、ゾロだけがひとりだけ距離を取り、画面奥の波打ち際で背を向けているのです。ネットでは「ゾロだけ背を向けて遠くにいるの不穏過ぎるんだけど、これ絶対なんかあるよね?」といった不安の声が上がっていました。

 また、ゾロは自身の武器として、妖刀と言われる「三代鬼徹」を愛用しています。ワノ国では、かつて「おでん二刀流」の使い手だった光月おでんが持っていた、持ち主の覇気を勝手に吸い取ってしまう恐れのある名刀「閻魔」を手に入れました。どちらも強力な武器でありながら、もしかしたら今後ゾロに妖刀の呪いが及ぶ可能性も考えられます。

 そして、ワノ国でゾロはビッグ・マムとカイドウの合わせ技「覇海」を受け止め、重症を負ってしまいます。チョッパーは最終手段としてミンク族に伝わる秘薬を投与しますが、副作用で攻撃を受けた時に本来の倍のダメージを喰らってしまう危険が伴うと言われていました。

 また1038話でゾロの前に現れたのは、真っ白な装束に身を包んだ「死神」のような姿の謎の人物でした。大きな鎌を振り上げる「死神」の手から逃れることはできましたが、ゾロが「死の危機」に瀕していたことは確かで、ゾロが今後完結までに死ぬのではないかと噂される大きな要因となっています。

 ネット上では「イーストブルーの時から傷負いすぎ」「スリラーバークでくまからダメージの塊をもらった段階でもうヤバかったしな」「今後ミホークとの再戦もあるだろうし、危険」などなど、ゾロを心配する声が上がっている一方で、「天国への階段でくいなと会って『まだ早い』って言って追い返されそう」「ルフィは肉、ゾロは酒で復活する」と、生存ルートを予想する意見もあり、今後の安否に注目が集まっています。

(マグミクス編集部)

【画像】ゾロが死ななければ誰かと結ばれる? ファンが「ゾロと結婚して欲しい」と推す美女たち(4枚)

画像ギャラリー