マグミクス | manga * anime * game

たった500円で得られた幸せ! 時代を先取りしていた「ディスクシステム」の傑作たち

ファミコンの周辺機器である「ディスクシステム」をご存知でしょうか。ディスクカードさえあれば、たった500円で別のゲームソフトに書き換えられる夢のようなマシンです。そこで今回は、夢中になって遊んだディスクシステムの名作ソフトをご紹介します。

500円を片手にお店に向かった「幸せな記憶」

ファミコンと連結して使用する周辺機器のディスクシステム「ファミリーコンピュータ ディスクシステム」(任天堂)
ファミコンと連結して使用する周辺機器のディスクシステム「ファミリーコンピュータ ディスクシステム」(任天堂)

 2023年7月15日、YouTubeの任天堂公式チャンネルでは、ファミコンの40周年を記念して「ファミコントークショップ コバヤシ玩具店」という特別番組を公開しました。

 お笑い芸人のケンドーコバヤシさんがファミコンの思い出などを振り返る内容でしたが、そのなかで「ディスクライター」というマシンが紹介されています。

 まるで自動販売機のような見た目をした「ディスクライター」は、当時のおもちゃ屋などに置かれていたマシンで、「ディスクシステム」のディスクカードを持ち込めば、なんと500円(一部ソフトを除く)という価格で別のゲームソフトに書き換えてもらえました。

 そんなディスクライターについて、ケンドーコバヤシさんは「早すぎたサステナブル」「世界で一番早かったSDGs」などと称賛しています。

 そこで本記事では、そんなディスクライターで書き換えることもできた、ディスクシステムを象徴する名作タイトルを振り返ります。

 まず最初に紹介するのは、Nintendo Switch用ソフト『ティアーズ オブ ザ キングダム』が大ヒット中の「ゼルダの伝説」シリーズの原点となるソフトです。

 ディスクシステムのローンチタイトルとして発売された初代『ゼルダの伝説』は、日本では約169万本を売り上げました。そして、シリーズ2作目の『リンクの冒険』もディスクシステム用のソフトとしてリリースされ、よりアクション要素が強まって難易度が上がっています。

 どちらも攻略本無しでクリアするのは至難の業との声もありましたが、ケンドーコバヤシさんは先述した動画のなかで「(リンクの冒険を)のちに下突きだけでクリアした」と語っており、ファンを驚かせていました。

 次に紹介するゲームは『メトロイド』です。「メトロイド」シリーズも任天堂を代表する人気シリーズのひとつですが、その元祖はディスクシステム用のタイトルでした。

 主人公のサムス・アランを操作し、未知の生命体・メトロイドを倒すというアクションゲームです。複雑に入り組んだ迷路のようなダンジョンを探索しながら、ボスに挑むという内容で人気を集めました。

 そして特定の条件を満たしてクリアした際に流れるエンディングでは、サムスがパワードスーツを脱いだ姿が明らかになり、衝撃を受けたプレイヤーも多かったのではないでしょうか。

 続いて紹介するのは、コナミを代表する人気シリーズの元祖である『悪魔城ドラキュラ』です。コナミのディスクシステム参入1作目となる本作は「ホラーアクション」と銘打たれ、主人公・シモンが不思議な力を秘めたムチを武器に、ドラキュラの住む城に挑むという内容でした。

 アクションゲーム好きですら苦戦させられる難解なステージが待ち受けていますが、それだけに攻略のしがいがありました。

 ちなみに『悪魔城ドラキュラ』はNetflixでアニメ化もされており、最新作は9月28日から独占配信される予定です。

【画像】単なる偶然? 先見の明あり? ディスクシステムがルーツの、今も大人気のシリーズ!

画像ギャラリー

1 2