マグミクス | manga * anime * game

「フン!」と気合を入れたら大失敗! 声優・関智一さんが語った「衝撃エピソード」が面白すぎる

アニメ『機動武闘伝Gガンダム』のドモン・カッシュ役などを担当した声優の関智一さん。8月22日に放送された『踊る!さんま御殿!!』に出演し、さまざまな裏話を語っていました。今回は関さん語るウソのようなホントの話を紹介します。

アフレコの収録では、どんな小さな音もNG!

関智一さんは、アニメ『機動武闘伝Gガンダム』では、主役のドモン・カッシュの声を担当した。画像は、『機動武闘伝 Gガンダム 1』DVD(バンダイビジュアル)
関智一さんは、アニメ『機動武闘伝Gガンダム』では、主役のドモン・カッシュの声を担当した。画像は、『機動武闘伝 Gガンダム 1』DVD(バンダイビジュアル)

 アニメ『機動武闘伝Gガンダム』の主人公ドモン・カッシュ役や、『ドラえもん』のスネ夫役、『鬼滅の刃』の不死川実弥役、『呪術廻戦』のパンダ役の声を担当し、シリアスな役やクセのある役など、さまざなキャラを演じる声優の関智一さんが、2023年8月22日放送の「踊る!さんま御殿!!」の2時間スペシャルで「国民的アニメ声優祭り」パートのゲストとして出演して、収録時のさまざまなエピソードを披露しました。なかには、「ウソだろ?」と思うような衝撃的逸話も……?

 番組には関さんと一緒に、堀内賢雄さん、古谷徹さん、富田美憂さんら、歴代の著名声優が出演しました。トークは収録時の話題で盛り上がり、「無音で収録されるアフレコの仕事では、アクセサリーや些細な衣擦れの音でもNGになる」という話に。ウインドブレーカーのような音が鳴る服装はもってのほかで、声優の方たちは服装にも注意を払っているようです。

 しかし関さんは収録時に着ていた服が「シャカシャカ」と鳴っていてスタッフから指摘されたため、服を脱ぐことに。ところが、素肌の上に「シャカシャカ」と衣擦れする服を着ていたため、関さんは「その日のアフレコは上半身裸で収録した」と語りました。

 また収録の際には、「お腹が鳴る音」にも気を遣うようです。アニメ『ポケットモンスター』でサトシ役を演じた松本梨香さんは、その対策として「お腹に力を入れる」と語っていました。ここで関さんが自身の失敗談を語ります。ヒロインを守る役を担当していた関さんは、収録の時にヒロイン役の声優さんの前に立ってアフレコしていました。

 そして戦闘シーンでは敵の攻撃を受ける際に、「フン!」と気合を入れると、お腹に力を入れすぎて思わずオナラが出てしまったそうです。結果的に、後ろにいたヒロイン役の声優さんを攻撃してしまったと苦笑いしていました。

【画像】関智一さんが声を担当! 2大バトル作品の頼れる先輩キャラ(4枚)

画像ギャラリー

1 2