マグミクス | manga * anime * game

観ていた女の子たちは絶望! トラウマ展開で終わったアニメ3選 主役もヒロインも死にすぎ?

いつの時代も、少女向けアニメはかわいらしいキャラクターやドキドキさせられるストーリーで、視聴者を魅了し続けていますが、なかには思いもよらない展開や、ショッキングな描写がある作品も。トラウマ展開で終わりを迎えた少女向けアニメ作品を紹介します。

「ノンフィクションでは?」主要キャラが続々と死亡

誕生から半世紀、劇場アニメ制作が決定した『ベルサイユのばら』キービジュアル (C)池田理代子プロダクション/ベルサイユのばら製作委員会
誕生から半世紀、劇場アニメ制作が決定した『ベルサイユのばら』キービジュアル (C)池田理代子プロダクション/ベルサイユのばら製作委員会

 少女マンガ作品やそのアニメ化作品では、意中の人と結ばれて終わるなど、ハッピーエンドを迎える作品も多くありますが、なかには「うそでしょ?」と驚くような展開で終わった作品もありました。TVで観ていた女の子たちが絶望したであろう、トラウマ展開で完結したアニメを振り返ります。

 1972年に「週刊マーガレット」で連載が始まり、1979年からTVアニメが放送された『ベルサイユのばら』は、今もなお熱烈な人気を集める作品です。主人公・オスカルの名前は、物語を知らなくても聞いたことがあるという人は多いでしょう。そしてもうひとりの主人公・マリー・アントワネットはフランス国王ルイ16世の王妃です。

 オスカルは女性の身ながらマリー・アントワネットに仕え、フランス衛兵隊のベルサイユ常駐部隊長にまで昇りつめます。そんな折、フランス革命が勃発。オスカルは貴族の身分を捨ててフランス衛兵隊を率い、民衆の一員として襲撃に加わるのでした。

 オスカルは民衆軍に加わってバスティーユ要塞を陥落させた後、一足先に息を引き取った最愛のアンドレのもとへ……。その後マリー・アントワネットは死刑に処され、彼女と愛人関係にあったフェルゼンは虐殺されます。

『ベルサイユのばら』は完全なフィクションだとされていますが、民衆側に加わったオスカルが命を落とし、王妃が死刑になり、貴族のフェルゼンが虐殺されるなど、ほぼ実際の歴史をなぞるような悲劇が最後に描かれました。戦争や革命といった時代の激動に飲まれ、主要人物がまとめて命を落とすという結末に衝撃を受けた視聴者も多かったのではないでしょうか。

 続いて、少女マンガの枠をこえて幅広い層の読者に愛され、社会現象的なブームとなった『美少女戦士セーラームーン』も、衝撃的なクライマックスが描かれた作品です。

【画像】悲運? トラウマ級の最期を迎える少女キャラクターたち(5枚)

画像ギャラリー

1 2