マグミクス | manga * anime * game

単行本派しか気付かない? 「すごいヒント」が隠されていた衝撃の表紙3選

謎を解く鍵は「言葉遊び」だった?

裏切り者の招待を暴いたクラピカ 画像は「HUNTER×HUNTER 幻影旅団編I DVD-BOX」 (C)VAP・日本テレビ・集英社・マッドハウス
裏切り者の招待を暴いたクラピカ 画像は「HUNTER×HUNTER 幻影旅団編I DVD-BOX」 (C)VAP・日本テレビ・集英社・マッドハウス

 最後は『HUNTER×HUNTER』(著:冨樫義博)の30巻です。この巻では、ネテロ会長から実力を認められた精鋭部隊の12人「十二支ん」と呼ばれる集団の後ろ姿が描かれていました。

 亡きネテロのあとを継ぐために行われた「会長選挙」では、ほかの「十二支ん」とは相反する思想の持ち主であるパリストンが立候補するものの、敗れてしまいます。しかし、あまりにもあっさりと手を引いたパリストンの様子に、疑問を浮かべた「十二支ん」のひとりが「パリストン側につくスパイが、もうひとりいるのでは?」と疑いを持ち始めました。

 そして、のちに加わったクラピカの、相手の嘘を見抜くことができる「導く薬指の鎖(ダウジングチェーン)」によって「裏切り者」はサイユウだったことが発覚します。

 この「裏切り者」に関するヒントが、実は30巻の表紙に隠されていました。「十二支ん」全員の後ろ姿をよく見ると、パリストンはお尻のあたり、サイユウは後頭部で手を組んで立っています。つまり、この表紙は「後ろ(裏)で手を組んでいる」を意味していたようなのです。

 このように、コミックスの表紙に隠された伏線は、かなり重要なヒントが多く見られます。あなたの所持しているコミックスのなかには、まだ誰からも気付かれていないメッセージが隠されているかもしれませんね。

(マグミクス編集部)

【画像】ルフィが戦う「ラスボス」とは 気になる候補者たち(5枚)

画像ギャラリー

1 2