マグミクス | manga * anime * game

『ガンダム』量産型ザクIIとジム、どっちが強いのか 性能差はパイロットの「練度」でカバー?

『ガンダム』シリーズの量産型MSといえば、ジオン公国軍のザクII、地球連邦軍のジムが有名です。どちらも「やられ役」というイメージを持っている人が多いかもしれませんが、実際のところはどちらのMSが強いのでしょうか。

性能ではジムがザクを上回るが?

ジオン公国軍の主力量産型MS・ザクII 画像は「ガンプラ PG 1/60 MS-06F ザクII (機動戦士ガンダム)」(BANDAI SPIRITS)
ジオン公国軍の主力量産型MS・ザクII 画像は「ガンプラ PG 1/60 MS-06F ザクII (機動戦士ガンダム)」(BANDAI SPIRITS)

 ガンダムシリーズの量産型MSといえば、ジオン公国軍のザクII(型式番号MS-06)、地球連邦軍のジム(型式番号RGM-79)が有名です。両MSは将棋でいえば「歩」のような存在で、いわゆる「やられ役」というイメージを持っている人が多いかもしれません。ガンダムの量産型MSを代表するザクIIとジムはどちらが強いのか、ファンの間でもたびたび議論となるこの問題について考えます。

 ガンダムファンの間では、「ジムの方がスペック的に優れている」「ジムの性能だけ見れば、ザクどころからリック・ドムよりも上」といった声が多数あがっています。それは、ジムが開発された経緯そのものが背景にあるのです。

 実際にザクIIとジムの性能を比較してみると……

●ザクII
ジェネレーター出力:976k
全備重量:73.3t
スラスター総推力:43300kg
装甲材質:超硬スチール合金

●ジム
ジェネレーター出力:1250kw
全備重量:58.8t
スラスター総推力:55500kg
装甲材質:チタン系合金

 このように、数値上ではジムの方が軽く、さらに出力、推力ともにザクIIよりも上回っています。ザクIIよりも早く動けるうえに、扱える武装の幅も広くなり、装甲も超硬スチール合金より頑丈といわれているチタン系合金を採用しています。ジムはもともとジオン公国軍のMSを上回るために開発されたという経緯があり、そうした要求を一定レベルで満たした機体といっていいでしょう。

 また、マシンガンやバズーカを使うザクIIは、出力の問題で圧倒的破壊力をもつビームライフルが扱えません。一方で、ガンダムの実践データをもとに開発されたジムは、ビーム・スプレーガンやビーム・サーベルを使用可能です。さらにジムには胴体ほどの大きさがあるシールドも装備していますが、ザクIIの場合は右肩部にある部分的にしか守れないシールドのみです。防御用の装備においても、ジムの方が充実しているといえるでしょう。

【画像】あなたが好きなのは? 「ザクII」と「ジム」 バリエーションいろいろ(6枚)

画像ギャラリー

1 2