マグミクス | manga * anime * game

下手すると「死ぬ」アニメ映画。プロデュースの成功者が凄いワケ【この業界の片隅で】

『君の名は。』を大金をかけて作ったことの凄さ

2016年に大ヒットとなった、新海誠監督の『君の名は。』 (C)2016「君の名は。」製作委員会
2016年に大ヒットとなった、新海誠監督の『君の名は。』 (C)2016「君の名は。」製作委員会

 これだけハイリスクなアニメ映画ですから、お金を出す人たちが、少しでもヒットにつながる根拠を求めるのは当然です。例えば、「すでに人気のある原作やテレビシリーズを映画にする」というのは、ひとつの材料になるでしょう。

 クリエイターの知名度も同様で、「宮崎駿監督の作品なら」「細田守監督の新作なら」という理由で映画館に足を運ぶお客さんは、多数いらっしゃるはずです。

 そのような大きな話題もなく、その時点で必ずしも有名ではない監督のオリジナルアニメ映画を大金をかけて作ることがいかに凄いか、お分かりいただけるかと思います。「あの人の作品ならいずれヒットすると思ってた」と、結果が出た後から語るのは簡単。お金を出す方は、結果が出る前に判断しなければならないのです。

 2016年8月に公開され大ヒットした『君の名は。』の情報が解禁された時点では、新海誠監督に対する認識は、「一般的な知名度こそ高くないものの、アニメファンを中心に実力は認められている」といった感じだったはずです。主題歌を手がけられたRADWIMPSさんの人気はプラスになっていたと思いますが、ヒットの根拠としては弱いと考えるのが普通でしょう。

 それでも大金をかけて映画を作り、超がつくほどの大ヒットをさせたわけですから、これはもう、畏敬の念を抱くほかありません。

 いわゆる「原作付き」のアニメ映画であっても、宮崎駿監督や細田守監督を「その時点で」起用して大ヒット作を世に送り出した方々もまた、偉大だと思います。プロデュースという修羅の道の、まさに勝者とも言うべき存在です。

 勝ち負けで語るのが良くないことは、もちろん私も承知しています。残念ながら「勝てなかった」作品のなかにも、心を動かされる傑作は数多く存在します。それでも、映画を含むアニメに関わるほとんどの人が、「勝ちたい」「売りたい」と、心のどこかでは思っているはずです。「売れる」ことは、より多くの人に自分の仕事を見てもらえることでもありますから。

(おふとん犬)

【画像】まだ無名の「巨匠」を世に知らしめた、アニメ映画作品(5枚)

画像ギャラリー

1 2