マグミクス | manga * anime * game

【漫画】サラリーマンの「裏の顔」…食事に翻弄される吸血鬼が「無邪気でかわいい」「ギャップすごっ!」

あるサラリーマンは吸血鬼であることを隠して生活していました。人間の食べ物をじっと見つめてはそらす、を繰り返す彼が唯一「人間の食事」を堪能できる瞬間とは……。 Twitter(現:X)上で公開されたマンガが「少し怖いけど優しい物語」と話題です。作者の緒崎カホさんにお話を聞きました。

吸血鬼が興味あるのは「人間の」食事?

「人間の食事」を我慢する吸血鬼の(緒崎カホさん提供)
「人間の食事」を我慢する吸血鬼の(緒崎カホさん提供)

 下宿「鳩村」の住人である陽岡夜(ひおか よる)さんには、人に言えない秘密がありました。ほとんど食事をとっていない様子の夜さんには「ある秘密」があって……。

 緒崎カホさん(@9tmr9)が『「人間と同じ食事がしたい」吸血鬼の話』として、Twitter(現:X)上で公開した『夜さんの愛しの晩餐』が話題を集めています。一般的な吸血鬼作品とは異なる独自のストーリーに、読者からは「繊細で美しいマンガ」「今日の献立、決まりました」「無邪気にほおばる姿がかわいい」などの声があがっていました。この投稿だけで2.4万件を超えるいいねを獲得している、作者の緒崎カホさんにお話を聞きました。

ーー緒崎さんの漫画家としてデビューされた経緯を教えてください。

 同人誌の創作活動をしていたところ、最初はBL編集部の方からお誘いいただき、商業マンガを描き始めました。KADOKAWAさんはイベントの出張編集部で同人誌を見ていただいて、そこからご縁をいただきました。

ーー本作品のストーリーは、どのようにして生まれましたか?

 いままで描いたことがない雰囲気の話を描きたいと考えたのがきっかけです。しかし王道の料理マンガですと、なかなか他作品と差別化が図れなかったことと、自分の絵柄の強みは出せるようにしたいと思い、キャッチーさと料理マンガとの意外性のある「吸血鬼」という要素を入れてみました。

人の食事に魅了された吸血鬼を描いた『夜さんの愛しの晩餐』(KADOKAWA)
人の食事に魅了された吸血鬼を描いた『夜さんの愛しの晩餐』(KADOKAWA)

ーー陽岡さんの食事に対する憧れが、表情からも伝わってきました。キャラクターデザインにおいて、意識した点などはありますでしょうか?

 とにかく綺麗な顔にしようと気を付けました。綺麗な顔の人はただ無表情だけでもすごみや色気、怖さもありますし、そんな人が食事をして頬をゆるませているのってすごくかわいいかなと思い、その部分のギャップはなるべく出るように描きました。ほかには、仕草などにかわいげを出し、親しみを持ってもらえるようにしています。

ーーたくさんの感想が寄せられています。特にうれしかった感想や、印象に残った読者の声について教えてください。

 料理の描写は初挑戦だったので、「おいしそう」といっていただけたことがとてもうれしかったです!

 今回は1巻完結なのですが「続きが読みたい」というお言葉もうれしく感謝しています。Twitter(現:X)で、こんなにたくさんの人から反応をいただいたことは初めてだったので、自分の好きなものが読者さんに届いたことが何よりうれしいです。

ーー今後はどのような創作活動をしていきたいとお考えでしょうか?

 なるべく幅広いジャンルのマンガを描いていきたいです。少女マンガや青年マンガ、BLなど、それぞれのジャンルの良さをつかめるようになれたらうれしいです。インタビューいただき、ありがとうございました!

(マグミクス編集部)

【マンガ】サラリーマンが「食べない」理由 食事を我慢する吸血鬼が「妖艶すぎ」「ずっと見てられる」 本編を読む

画像ギャラリー

緒崎カホ

漫画家。講談社Palcy・月刊少年シリウスにて『ノイジールームメイト』を連載しており、単行本2巻まで発売中。また、人の食事に興味を持った吸血鬼を描く『夜さんの愛しの晩餐』も発売中。

作者の公式アカウント:@9tmr9