マグミクス | manga * anime * game

開発時の息遣いを感じる? 『ドラクエ』のデータ上に存在した「没アイテム」5選

『ドラクエ』シリーズには、ゲームデータ上に存在するものの、通常のプレイ時に入手することのない「没アイテム」がいくつか存在します。今回は、そんな気になる没アイテムに秘められた効果などを紹介します。

ボスキャラすら瞬殺する隠しアイテムも!?

『ドラゴンクエストII そして伝説へ…』(SQUARE ENIX CO., LTD.)
『ドラゴンクエストII そして伝説へ…』(SQUARE ENIX CO., LTD.)

「ドラクエ」シリーズには、ゲーム内にデータとして存在しながら、通常のプレイでは入手できない「没アイテム」と呼ばれるものが存在します。そこで今回は、裏技やバグ技によって確認できた、気になる没アイテムについて解説します。

 数ある没アイテムのなかで、とくに有名なのが『ドラクエ2』と『ドラクエ3』で発見された「しのオルゴール(死のオルゴール)」です。このアイテムは通常のプレイでは入手できませんが、一部の作品では実際戦闘中に使用することもできた、珍しい没アイテムになります。

「しのオルゴール」については、『ドラクエ3』の関連雑誌のなかで没アイテムと明かされており、堀井雄二氏が予定していた効果について言及されています。

 実際、SFC版『ドラクエ3』では「しのオルゴール」がアイテムとして使用可能でした。これを戦闘中に使用すると「○○○○は しのオルゴールのふたをあけた! かなしいメロディーがながれる」というメッセージが表示され、敵味方が全員死亡するという壮絶な効果がありました。

 SFC版『ドラクエ5』にも、バグ技を使って入手できる没アイテム「まほうのふくろ」と「あくまのおもちゃ」があります。

 どちらも通常時に道具として使用しても何の効果もありませんが、「まほうのふくろ」は戦闘中に使用すると「なんと なかみは まだ できていない」というメッセージが表示されます。

 もしかすると「まほうのふくろ」は、アイテム同士を合成して新たなアイテムを生み出す「錬金釜」のようなアイテムとして登場する予定だったのかもしれません。

 ちなみに「あくまのおもちゃ」にインパスの呪文を使用すると「もっているだけで不幸が起きそう」という不気味なメッセージを見ることができます。

 古い作品に多いと思われがちな没アイテムですが、比較的新しめの作品にも存在します。代表的なのが「ミミックのいし」です。このアイテムはPlayStation(PS)『ドラクエ7』以降の作品の没データとして発見されています。

 なかでもPSで発売された『ドラクエ7』やリメイク版『ドラクエ4』で、戦闘中に「ミミックのいし」を使用すると、どんな敵も即死させるという効果がありました。

 瞬時に敵を倒すという効果から察するに、ゲーム開発時のデバッグ用のアイテムがデータとして残っていたのかもしれません。

 このような没アイテムは、普通にプレイするうえでは、見ることも入手することもできません。しかし、これらはゲームのデータ上に存在するのは確かで、開発段階の構想を想像できたり、以後のシリーズに活かされたことが知れたりと、そこはかとないロマンが感じられます。

(マグミクス編集部)

【画像】みんな出来た? 夢中になって挑戦したレトロゲームの裏技

画像ギャラリー