マグミクス | manga * anime * game

【漫画】パワハラから「逃げられない」と考える看護師 患者の言葉で価値観に変化が 「スカッとした」「最高」

職場でパワハラを受けている3年目の看護師。過酷な業務のなかで上司から圧迫をされる日々をおくっていました。辞めるにも逃げることができない……。そんな悩める日々を過ごすなか、ある人物と出会って事態は変わっていき……。Twitter(現:X)で投稿された創作マンガが話題になっています。

価値観を変えたのは「患者さんとのおしゃべり」

上司から理不尽なパワハラを受ける看護師(ぷみらさん提供)
上司から理不尽なパワハラを受ける看護師(ぷみらさん提供)

 勤務を始めて3年が経つ看護師。毎日忙しい中「あんたは鈍臭すぎる」など、上司からパワハラを受ける毎日を過ごしていました。逃げたいと思ってはいるものの、なぜか簡単には退職に踏み切れず、社会人はこんなものかともう諦めかけています。そんな日々のなか、看護師に転機をもたらした意外な一言とは……。

 ぷみらさん(@pumira_comic)による創作マンガ『パワハラ看護師に患者さんが怒った話』がTwitter(現:X)上で公開されました。いいね数は1.5万いいねを記録しており、読者からは「どこの職場にもこんな人がいるんだよ」「こういう時逃げられないんだよね」と共感の声が上がっています。

 作者のぷみらさんにお話を聞きました。

ーー今回の作品を通して、心を押された人も多いかと思います。読者の声を聞いてみて印象に残った言葉などを教えていただければと思います。

 「看護師がいろんな苦労をして実践に至ってるということを知れてよかった」「看護師さんありがとう」などの声が嬉しかったです。

ーー実体験を漫画のネタにされているようですが今回の『パワハラ看護師に患者さんが怒った話』について当時の心境を簡単に教えていただければと思います。

 当時は本当に仕事に行くのが辛くて毎日生きてる感じがしませんでした。行く前には涙が出てきたり、吐いたりしていました。

悪質なパワハラを目撃した患者(ぷみらさん提供)
悪質なパワハラを目撃した患者(ぷみらさん提供)

ー看護師をテーマにたくさんのマンガを制作されていますが、看護師の舞台を扱ったマンガを書く上で何か気をつけていることはございますか?

 登場人物のプライバシー保護のため、フィクションを追加することと、医療知識を書く際は、必ず調べてから書くことを心がけてます

ーー看護師を辞めてマンガを書くことをされているようですが、ぷみらさんにとってマンガとはどのような存在でしょか?

 看護師はパートで今も時々働いています。看護や医療の現場を伝えることや、マンガを描くことが好きなので、自分が描いたマンガが、読者さんの役にたったらいいなと思っています。

ーーもし、今後の展望として「こんな作品を書いてみたい!」などあれば教えていただければと思います!

 在宅医療や看取りをテーマにしたマンガを書いていきたいと思っています。

(マグミクス編集部)

【マンガ】パワハラ上司にドン引き! 堪忍袋の緒が切れた患者のスカッとした一喝とは 本編を読む

画像ギャラリー

ぷみら

看護師資格を持つ漫画家。人間関係の悩みやHSPについて、TwitterInstagramで漫画を公開。
ブログ「気にしすぎ奮闘記」では、「新人ナースが実際に採血するまでの裏側」など、実体験から学んだ人生を楽しむコツなど気にしすぎさんの日常マンガを配信。今年5月には「ナメられやすい小・中学生が反撃する話」をKindleにて出版している。