マグミクス | manga * anime * game

『第3次スーパーロボット大戦』の思い出 アムロを戦わせたら、一瞬で「小学生」に?

一瞬で小学生時代へタイムスリップした、戦闘シーン

2019年8月リリースのスマホゲーム『スーパーロボット大戦DD』(バンダイナムコエンターテインメント)
2019年8月リリースのスマホゲーム『スーパーロボット大戦DD』(バンダイナムコエンターテインメント)

『機動戦士ガンダム』のアムロ・レイは子供の頃の筆者にとって、ヒーローでした。そこで試しにアムロのRX78-2ガンダムを敵と戦わせてみたら、なんと流れてきた曲はアニメの戦闘時と同じ曲! 1回目の戦闘を終えた頃には、「大人」と呼ばれる年齢になっていた筆者の心は、小学生時代に戻っていました。懐かしい曲を聴けば、人の心は一瞬で過去に戻れるのだとこのとき悟ったのです。

 それからはひたすら『第3次SRW』にのめりこみました。たぶん10回くらいはクリアしたのではないかと思います。ZZガンダムのハイメガキャノンでどれだけたくさんの敵を一撃で仕留められるか挑戦したり、スーパーガンダムのGディフェンダー側に育てたいキャラクターを乗せ、ガンダムMK2側にレベルの低いキャラクターを乗せて効率の良いレベルアップを行ったりと、キャラの育成にはかなり力を入れていました。

 ただ『第3次SRW』はスーパーロボット大戦シリーズ初期の作品のため、まだ洗練されていない部分もありました。特にきつかったのが、ゲッターロボの変形シーンをスキップできなかった点です。その後のシリーズではスキップできるようになったので、本当に助かりました。

『第3次SRW』を遊びつくした筆者は、『スーパーロボット大戦EX』『第4次スーパーロボット大戦』『魔装機神』と、スーパーファミコン時代の「スパロボ」シリーズを制覇しました。ハードが新たな世代に移ってからも『新スーパーロボット大戦』『スーパーロボット大戦F』をはじめとした無数のタイトルをプレイしています。最新作のスマホゲーム『スーパーロボット大戦DD』もすでにサービスが開始されているので、これからガンガン遊んでみようと思います。

(ライター 早川清一朗)

(C)賀東招二・四季童子/ミスリル (C)カラー (C)サンライズ (C)SUNRISE/VVV Committee (C)SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design (C)2006 CLAMP・ST (C)サンライズ・プロジェクトゼーガ (C)サンライズ・プロジェクトゼーガADP (C)創通・サンライズ (C)創通・サンライズ・MBS (C)ダイナミック企画・東映アニメーション (C)東映 (C)永井豪/ダイナミック企画 (C)1998 永井豪・石川賢/ダイナミック企画・「真ゲッターロボ」製作委員会 (C)2001永井豪/ダイナミック企画・光子力研究所

【画像】少年少女の頃に心を引き戻す、「スパロボ」シリーズ(5枚)

画像ギャラリー

1 2