マグミクス | manga * anime * game

『千と千尋』ハク様はなぜ人気? 全人類を骨抜きにする「高度なイケメンテク」

2024年最初の「金曜ロードショー」は、スタジオジブリの名作『千と千尋の神隠し』です。不思議な世界に迷い込んだ主人公の千尋が、個性豊かなキャラクターたちに出会う物語ですが、なかでも「ハク」と呼ばれる美少年が絶大な人気を誇っていることはいうまでもないでしょう。その人気の秘密はどこにあるのでしょうか。

ハク様、実は「恋愛強者」だった?

押し引きの上手さ、ビジュアルの良さ……そりゃあ誰もが惚れるって! 画像は『千と千尋の神隠し』のハクのワンシーン (C)2001 Studio Ghibli・NDDTM
押し引きの上手さ、ビジュアルの良さ……そりゃあ誰もが惚れるって! 画像は『千と千尋の神隠し』のハクのワンシーン (C)2001 Studio Ghibli・NDDTM

 2024年1月5日(金)放送の『金曜ロードショー』で『千と千尋の神隠し』が放送されます。その見どころといえば、主人公の千尋が成長していく姿や、不気味で奇妙なキャラクターたちが登場する不思議な世界、そして何より我らが「ハク様」のかっこよさでしょう。

 ハクは神々の世界に迷い込んだ千尋を助けてくれた少年で、ジブリファンからも絶大な人気を誇ります。ひょっとしたらジブリ作品全体で見ても、3本の指に入るほどの人気キャラなのではないでしょうか。一体ハクの何がそこまで魅力的なのか、今回はその秘密を紐解いていきます。

 まずハクの魅力を語るうえで、やはりビジュアルの良さは外せません。「結局顔かよ」と思われるかもしれませんが、この映画において「顔が良い」ということは、大きなアドバンテージになります。というのもよくよく思い出してみると、『千と千尋の神隠し』の登場人物はほとんどが「人外」です。そのなかで普通の人間っぽい見た目で、なおかつ美少年、おまけに主人公に優しいとなれば、一般的な作品よりも顔の良さが引き立ちます。

 これは他の人気ジブリ男子にもいえることで、『もののけ姫』のアシタカも『ハウルの動く城』のハウルも作品内でほぼ唯一のイケメンです。だからこそ彼らの存在は、視聴者の目にかっこよく映るのではないでしょうか。そしてハクに関しても、トンネルの向こうの異様な姿の住人たちが引き立て役となって、その魅力を増大させているのかもしれません。

 またビジュアル以外のハクの魅力として注目したいのは、押し引きの上手さです。序盤から千尋を守ってくれる存在として登場し、一貫して「そなたの味方」であり続けてくれるハクですが、おそらく周囲に人間である千尋との関係を悟られないようにするため、あたかも初対面であるかのように振る舞うシーンがあります。

 そのときの「無駄口を聞くな。私のことはハク様と呼べ」と冷たく突き放すような態度が、これはこれで素敵です。かと思えば、そのすぐ後には「元気が出るまじないをかけたおにぎり」を持って来てくれるのですから、これで好きにならない人類はいないでしょう。

 ちなみに、一般的な物語のセオリーとして「悪人は食べ物を粗末にする」という見せ方がありますが、その逆で食べ物をくれるハクは作劇法的にも「超良いヤツ」として観客の目に映ったに違いありません。

【画像】ただの「壁ドン」じゃなかった!? ハク様の自然で高度な壁ドンテクニックを見る(3枚)

画像ギャラリー

1 2