マグミクス | manga * anime * game

『ワンピース』黄猿は海軍を去るのか? サングラスの奥に隠された本音を探る

海軍の最高戦力の一角である黄猿ことボルサリーノ。これまでにたびたび登場し、海軍大将の実力を見せつけてきましたが、その行動には腑に落ちない点がいくつもあります。黄猿のモチーフとなった人物が登場する映画などから今後の展開を予想してみました。

ホントは気さくで頼りになる兄貴

最新の連載で少しだけ過去が明らかになった黄猿。画像は「Portrait.Of.Pirates ワンピースシリーズ NEO-DX 海軍本部大将 黄猿【ボルサリーノ】」(メガハウス)
最新の連載で少しだけ過去が明らかになった黄猿。画像は「Portrait.Of.Pirates ワンピースシリーズ NEO-DX 海軍本部大将 黄猿【ボルサリーノ】」(メガハウス)

※この記事には単行本『ONE PIECE(ワンピース)』107巻以降の内容を含みます。

 海軍大将のひとりである”黄猿”ボルサリーノは、師匠であるゼファー(映画『ONE PIECE FILM Z』)を手にかけ、長年の友ともいえるベガパンクの抹殺まで命じられました。それだけでなく、ベガパンクのボティーガードをしていた弟子の戦桃丸まで抹殺指令の犠牲となり、彼が掲げる「どっちつかずの正義」は限界に近づいているように見えます。これまでの出来事や彼のモデルとなった人物が登場する映画をふまえて、黄猿の本音と今後について考えてみましょう。

●もはや「どっちつかず」ではいられない

 海軍三大将はそれぞれに異なる正義を掲げていました。”赤犬”サカズキの「徹底的な正義」と”青キジ”クザンの「だらけきった正義」、その中間にあるといえるのが”黄猿”ボルサリーノの「どっちつかずの正義」です。しかし天竜人の横暴を止められず、命じられるままに虐殺行為までしている海軍に正義を名乗る資格があるのでしょうか。

 サカズキのように「悪い海賊」から一般人を守るには、虐殺すらも必要な犠牲と割り切って現状維持に努めるか、海軍を見限ってクザンのように海賊に身を投じるか。天竜人の命令に従って、親友まで手にかけなければならないとなると、あまりにも支払う犠牲が大きすぎて、もはや「どっちつかず」でいることは難しい状況に思えます。

●最初から世界政府に忠誠を誓っていなかったのかも

 もともと黄猿の行動には、その実力と結果に整合性が取れないところがありました。シャボンディ諸島やマリンフォードで、一度ならず二度までもルフィらを取り逃がしているからです。

 マリンフォードでは武装色の覇気を使えなかったルフィを仲間に向かって「優しく」蹴り飛ばし、精密射撃ができるにもかかわらず、ルフィを乗せて逃げる潜水艦に向かって「八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)」を乱射してすべて外しています。これまでに描写された黄猿の実力からして、手を抜いているように見えても不思議ではないでしょう。

 そこで考えられるのが黄猿の裏切り、もしくはサボタージュです。もしも黄猿が命令に忠実なふりをしながらルフィを意図的に見逃していたとしたら、かなり前から黄猿の心は海軍になく、世界政府に反旗を翻すルフィに希望をつないでいたと考えられます。

 あるいは世界政府に忠誠を尽くすでもなく、海賊(ルフィ)に味方するわけでもなく、決断を迫られるときが来るまで「どっちつかず」の姿勢を保っているつもりだったのかもしれません。

【画像】みんな「正義」の犠牲になった!? 黄猿と親しいキャラクターを見る(4枚)

画像ギャラリー

1 2