マグミクス | manga * anime * game

2024冬アニメは「ダークホース」だらけ? いい意味で前評判を裏切った話題作

2024年冬アニメも放送開始から約1カ月が経過し、作品の評価が固まり始めてきました。放送前の評判から違わず、順当に人気を博している作品があるなか、意外な「ダークホース」も次々出現しているようです。

サイピク発のオリジナルアニメがヤバすぎる!!

画像は、アニメ『勇気爆発バーンブレイバーン』キービジュアル (C)「勇気爆発バーンブレイバーン」製作委員会
画像は、アニメ『勇気爆発バーンブレイバーン』キービジュアル (C)「勇気爆発バーンブレイバーン」製作委員会

 2024年1月から始まった冬アニメでは、『葬送のフリーレン』や『薬屋のひとりごと』、『ダンジョン飯』などの話題作が多数放送されています。ほとんどが強力な原作付きのアニメですが、なかには突如SNS上で大ブレイクを遂げた「ダークホース」も含まれているようです。特に大きな盛り上がりを見せる3つの作品を挙げます。

●『勇気爆発バーンブレイバーン』

 今期のダークホース筆頭格といえば、やはり『勇気爆発バーンブレイバーン』でしょう。CygamesPictures制作のオリジナルロボットアニメで、「勇者シリーズ」で有名な大張正己氏が監督を務めています。

 当初は軍事系ロボットアニメのような売り出し方で、第1話の序盤では硬派な雰囲気がただよっていました。しかし主役ロボであるブレイバーン(CV:鈴村健一)が登場するシーンから、その雰囲気は一変し、大張氏が得意とする「スーパーロボットもの」の文脈が流れ込んできます。事前に公開されていたティザーPVやメインビジュアルでは、ブレイバーンの存在すら伏せられていたので、かなり大胆なサプライズだといえるでしょう。

 さらにいえばブレイバーンは、単なるスーパーロボットではありません。確かにデザインのケレン味が効いていること、自らの意思でパイロットのイサミ・アオ(CV:鈴木崚汰)と会話することなど、定番の表現がてんこ盛りですが、あまりにクセが強いのです。

 初登場のシーンでは「待たせたな、イサミ」「さあ、私に乗ってくれ」「私に……私の中にぃぃ……早く乗るんだぁぁぁぁ」と声を震わせ、感極まったような態度を取ります。その後の話でもイサミに強い執着をみせており、ネット上では「ヤンデレストーカー気質っぽい」「本邦初のヤンデレロボ」という声も上がっていました。

 また戦闘中のブレイバーンは、自らのテーマソング「ババーンと推参!バーンブレイバーン」をコクピットに流してくるという奇行に出ます。キャラソンが戦闘BGMになること自体は、定番の表現ではあるものの、作中でロボットが自ら曲を流し始めるという展開は前代未聞ではないでしょうか。

●『愚かな天使は悪魔と踊る』

画像は、アニメ『愚かな天使は悪魔と踊る』ティザービジュアル (C)2023 アズマサワヨシ/KADOKAWA/かな天製作委員会
画像は、アニメ『愚かな天使は悪魔と踊る』ティザービジュアル (C)2023 アズマサワヨシ/KADOKAWA/かな天製作委員会

 2024年冬アニメのラブコメジャンルでの注目作としては、『愚かな天使は悪魔と踊る』を挙げたいところでしょう。原作は「電撃マオウ」で連載され、既刊18巻を重ねている人気マンガです。

 同作の舞台は、人間界のほかに魔界と天界が存在し、争い合っている世界です。悪魔の阿久津雅虎(CV:内田雄馬)と天使の天音リリー(CV:佐倉綾音)は、人間界の学校に通いながら、恋愛的な意味で相手をオトして自身の陣営に引き込もうと画策します。

 恋愛を頭脳戦として描くという点で、大ヒット作品の『かぐや様は告らせたい』を連想する人も多いかもしれません。ですが同作は、セクシーな描写がかなり多めになっている上、本格的なバトルシーンが展開されることも多々あります。恋愛頭脳戦にセクシー要素、バトル要素と、バラエティ豊かな展開がギュッと詰め込まれていることが最大の魅力といえるでしょう。

 また、「贅沢すぎる声優の使い方」にも要注目です。阿久津とリリーがお互いをオトし合う際、彼らの脳内には狼のジョーと猫のチャムというふたりのアバターが登場するのですが、それぞれのCV担当は野沢雅子さんと田中真弓さん。大御所ふたりの掛け合いは、思わずクスッとしてしまうこと間違いなしです。

【画像】うおお! これが自らの意思で動く「ブレイバーン(ロボット)」です(5枚)

画像ギャラリー

1 2 3