マグミクス | manga * anime * game

「アンパンマンが女体化」「ねこ娘の選択に涙…」アニメのバレンタイン回は神回が多い?

かの有名な国民的キャラクターがまさかの女体化を果たしたカオス回から、時を超えたすれ違いが切ないタイムリープ回まで……。「バレンタイン」をテーマとした人気アニメの「神回」を、見てみましょう。

アニメのバレンタイン回に「笑っちゃう」

画像は『それいけ!アンパンマン』アニメビジュアル (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV
画像は『それいけ!アンパンマン』アニメビジュアル (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

 2月14日といえばバレンタインデー。アニメの世界でもどこか浮かれた気分がただよい、作品によっては「バレンタイン回」が放送されることも珍しくありません。思わず胸が熱くなるようなロマンチックな展開があったり、常軌を逸したカオスな展開が繰り広げられたりと、さまざまな方向性で話題を呼んだ「神回」を振り返ってみましょう。

●『アンパンマン』第366話A「ドキンちゃんのバレンタインデー」

 国民的アニメ『それいけ!アンパンマン』は、バレンタインにちょっとした暴走を見せたことがありました。第366話前半で放送された「ドキンちゃんのバレンタインデー」という回では、ドキンちゃんがしょくぱんまんに手作りチョコを渡そうと画策します。しかし、ばいきんまんはそれが気に入りません。そして、ホラーマンと共に、「男らしさを奪う薬」でしょくぱんまんを女の子にしてしまおうと企むのです。

 ばいきんまんの企みは成功し、なんとしょくぱんまんはおろか、アンパンマンまで女の子のようになってしまいます。内股にうるうるした瞳でばいきんまんを怖がって見つめ、「うぅ……こうなったら……アンパンチよぉぉ」と力なく叫ぶアンパンマンの姿は、おそらくこの回でしか見られないのではないでしょうか。アンパンマンの長い歴史に大きな爪痕を刻んだ回といえそうです。

●『超速変形ジャイロゼッター』第18話「ときめきバレンタイン」

 さらにカオスなバレンタイン回で有名なアニメといえば、2013年に放送された『超速変形ジャイロゼッター』です。同作は、ロボットに変形できるAIカー「ジャイロゼッター」をめぐる近未来SFで、主人公たちが通うアルカディア学園のスポンサー「アルカディア社」とライバル企業「ゼノン」の抗争を描いたストーリーでした。

 しかし第18話「ときめきバレンタイン」では、敵も味方もチョコレートのことしか頭になくなるというシュールな展開が繰り広げられました。メカニックの男子たちがオペレーターの女子を意識して必死になる一方で、アルカディア学園1のイケメン・速水俊介(シュンスケ)が世界中から大量のチョコレートを送られてうんざりするなど、怒涛のドタバタ劇となっています。

 特に「ゼノン」の戦闘ドライバーであるハルカが、シュンスケにチョコレートを渡そうとして、公道を「ジャイロゼッター」で爆走するシーンは必見です。

 また、虫歯で甘いものを禁止されていた主人公の轟駆流(カケル)に対してシュンスケが放った「歯というのはどうしても負けられない戦いのときに! 強く食い縛るためのものだ!」というアツいセリフも印象的で、彼が二枚目としてのポジションを確立した名シーンとなっていました。

【画像】「過激さ」にドキッ これが「オトナ向け版」も制作された冬アニメです(4枚)

画像ギャラリー

1 2