マグミクス | manga * anime * game

作者もだいぶ悲しんだ? 「まさかの死に方」を迎えた人気キャラクターたち

マンガやアニメで好きなキャラクターが死んでしまうと、悲しい思いをする人も多いのではないでしょうか。時には「死に方」が物議を醸すキャラクターもいます。本記事では、人気マンガのなかでその「死に方」がファンに衝撃を与えたキャラを 振り返りましょう。

「失ったものしかない」ファンを悲しみの底に落とした人気キャラの死

マリンフォードでの戦いが視聴できる「ONE PIECE ワンピース 14thシーズン マリンフォード編 piece.14」(エイベックス・ピクチャーズ)
マリンフォードでの戦いが視聴できる「ONE PIECE ワンピース 14thシーズン マリンフォード編 piece.14」(エイベックス・ピクチャーズ)

 多くのマンガやアニメでは、人気ながらも物語の途中で命を落としてしまうキャラクターが登場します。惜しキャラの死はただでさえつらいですが、その「死に方」が納得できないものであれば、その思いは強くなるかもしれません。この記事では、人気マンガのなかで「衝撃的な死」が物議をかもしたキャラを振り返ります。

●ポートガス・D・エース(『ONE PIECE』)

 大人気マンガ『ONE PIECE』に登場するポートガス・D・エースは、主人公モンキー・D・ルフィの義兄で、若いながらも白ひげ海賊団の2番隊隊長を務めるほどの実力者でした。

 そんなエースは白ひげ海賊団内で「仲間殺し」の罪を侵したマーシャル・D・ティーチを追いかけていましたが、彼との決闘に敗れ、海軍にその身柄を引き渡されてしまいます。実は海賊王ゴール・D・ロジャーの息子だったエースは公開処刑されることとなり、白ひげ海賊団は海軍からエースを奪還しようと海軍本部のあるマリンフォードに駆け付け、さらにルフィや大監獄インペルダウンから脱走した海賊たちも乱入し、「マリンフォード頂上戦争」が起こりました。

 海賊と海軍の両方に多大な犠牲を出しながらも、ルフィたちはなんとかエースの奪還に成功しますが、海軍大将「赤犬」から「『白ひげ』は所詮…先の時代の『敗北者』じゃけェ…!!!」という言葉を聞いたエースは、オヤジと慕う白ひげを侮辱されたことに憤り、逃げるのをやめ「この時代の名が!!!『白ひげ』だぁ!!!」と赤犬に立ち向かいます。

 しかし、赤犬の「マグマグの実」の能力はエースの「メラメラの実」の力を凌駕し、赤犬はエースのそばにいたルフィの命を狙おうとします。そんな赤犬からルフィを庇い、エースは赤犬に体を貫かれて死んでしまいました。そしてエースの死後、頂上戦争の場に突如現れた黒ひげ海賊団の総攻撃がとどめとなり、白ひげ自身もまた命を落としてしまったのでした。

 この衝撃的な死に、ネット上では多くのファンから声があがっています。人気キャラであるエースが死んでしまった衝撃はもちろんのこと、「あそこで赤犬をスルーできないのがエースの魅力であり弱点」「助かったのに納得いかん」「白ひげが命を懸けてエースを逃がしたのに、その本人が死んでしまうなんて悲しい」「海賊側も海軍側も失ったものしかないのでは」など、悲しみや衝撃の意見が多く見受けられました。

※ここから先の記事ではマンガ『ゴールデンカムイ』の、まだアニメ化されていない範囲のネタバレを含みます。

【画像】え…っ? これなら死なずに済んだ? こちらが「別の職業を選んでいた場合」のエースです(4枚)

画像ギャラリー

1 2