マグミクス | manga * anime * game

確実に負けない? 『ワンピ』鉄壁の「悪魔の実」が「最強」か 「チートだ」「誰も避けられない」

『ONE PIECE(ワンピース)』に登場する「悪魔の実」について、長年、「どの「悪魔の実」が最強か?」という議論が尽きません。「防御は最大の攻撃」という言葉もあるように防御に特化した「悪魔の実」こそが最強なのでしょうか。

最後まで立っている者が勝者?

「バリバリの実」の能力者であるバルトロメオが描かれた『ONE PIECE Log Collection “DRESSROSA”』DVD(エイベックス・ピクチャーズ)
「バリバリの実」の能力者であるバルトロメオが描かれた『ONE PIECE Log Collection “DRESSROSA”』DVD(エイベックス・ピクチャーズ)

『ONE PIECE(ワンピース)』に登場する「悪魔の実」は、作中で200種類以上登場しており、最終章でも新たな「悪魔の実」の登場がありました。「悪魔の実」といえば、長年、ファンの間で「最強の『悪魔の実』はどれか?」という議論が活発に行われてます。

 能力者と「悪魔の実」の相性で行けば、モンキー・D・ルフィの「ヒトヒトの実 幻獣種 モデル:ニカ」が圧倒的上位に食い込みそうですが、シンプルに最強なのはどの「悪魔の実」なのでしょうか。今回は「防御は最大の攻撃」という言葉をもとに、防御力で最強そうな「悪魔の実」をあげていきます。

 まず防御と聞いて思い出すのは、バルトロメオの能力「バリバリの実」でしょう。その名の通り、バリアを生成して、攻撃を防ぐことができます。

 特に注目すべき点は、バリアの頑丈さでしょう。そのすごさは、「ドレスローザ編」の「メラメラの実争奪戦」で存分に発揮されています。バルトロメオは、「当たりさえすれば四皇をも倒す」といわれているエリザベロー2世の大技「キング・パンチ」を完璧に防ぎ切っていました。

 さらに、「バリバリの実」の前任者に関するエピソードでも、その強度が描かれています。「ワノ国編」の回想シーンで登場した前任者の黒炭せみ丸はそのバリアを使って、光月おでんの斬撃を防ぎます。光月おでんは「この世における最強生物」とも呼ばれるカイドウに、深い傷をつけたほどの腕前なため、バリアの耐久度は底知れません。

 これらの観点からファンの間でも、「やっぱ『バリバリの実』、めちゃくちゃ強い」「バリバリの実最強説が濃厚かも」など、最強の「悪魔の実」としてかなり有力視されているようです。

 続いて、黒ひげ海賊団二番船船長シリュウの能力「スケスケの実」にも最強説が浮上しています。前任者はスリラーバーク海賊団のひとりであるアブサロムで、触れたものを透明化できる能力でした。作中では、スパイや隠密のように身を隠す能力として多く活躍しましたが、武器を透明化させる奇襲攻撃や、暗殺時に使うこともできるようです。

 現に、海賊島ハチノスで猛威を奮っていた、海軍中将モンキー・D・ガープに致命傷を負わせたのは、「スケスケの実」で気配を消して近づいたシリュウでした。それらを見たファンからは「不意打ちは誰も避けられなそう」「シリュウなら覚醒の可能性もある」と、今後の展開に期待する声も見られます。

 ほかにも、最強といわれているのがマーシャル・D・ティーチの能力「ヤミヤミの実」です。ブラックホールのように引き込み、触れた相手の能力を無効化してしまう技「闇水(くろうず)」を筆頭とする「ヤミヤミの実」の能力も、防御系といえそうです。

 しかし「ヤミヤミの実」の能力には、強力な引力と引き換えに、その痛みまで引き込んでしまうデメリットもあります。この効果により、能力者自身が通常以上のダメージを受けてしまうため、ティーチの常人離れした耐久力があってのことであり、ティーチ自身の防御力を評価すべきなのかもしれません。

 まだ今後、何をしでかしてくるか見当もつかないティーチの能力であることから「これ『ヤミヤミの実』が覇気を無効化する流れだろ」「まだ隠し持ってる力あるでしょ」など、さまざまな憶測が飛び交っていました。

(マグミクス編集部)

【画像】えっ…? みんな「同じ武器」持ってる? これが最強クラスの「非能力者」たちです(6枚)

画像ギャラリー