マグミクス | manga * anime * game

ティファの意外な過去も…『FF7』前日譚小説で明かされた「原作ゲーム勢は知らない」事実

リメイクシリーズの第2弾『FF7 リバース』を遊ぶ前に、ティファの意外な過去を辿(たど)ってみませんか。クラウドを見送った後の日々、スラムに流れ着いた理由、ギルにまつわる日に……本編への理解度が、さらに高まります。

ニブルヘイムで、そしてスラムで過ごしたティファの半生がここに

『ファイナルファンタジー7 リバース』プレイ前に知っておけばより楽しめる?
『ファイナルファンタジー7 リバース』プレイ前に知っておけばより楽しめる?

 名作『ファイナルファンタジーVII』(以下、FF7)を原作に、3部作構成で作り直すリメイクシリーズが現在展開中です。その2作目にあたる『ファイナルファンタジー7 リバース』(以下、FF7 リバース)が2024年2月29日(木)に発売を迎えました。

 このリメイクシリーズでは、原作の物語をベースに、その描写はさらに深掘りされています。主人公のクラウドはもちろん、仲間たちや主要な登場人物も濃密に描かれており、その心理や行動理由などがより明確です。

 ですが、ゲーム本編だけで彼らの全てを描き切ることはできません。ボリュームという意味でも限界がありますし、ゲームのテンポも損なってしまいます。

 もちろん、物語の把握はゲームの内容だけで十分足りていますが、もっと詳しく知りたい、キャラクターへの理解を深めたいと考える人もいることでしょう。そんな人々にお勧めしたいのが、『FF7』関連のシナリオを多数手がける野島一成氏が記した小説 『ファイナルファンタジーVII REMAKE Traces of Two Pasts』(以下、Traces of Two Pasts)です。

 この小説は主に、2大ヒロインである「ティファ」と「エアリス」の前日譚が、思い出語りという形で綴られています。エアリスの物語も興味深いのですが、本編以前からクラウドとの繋がりがあり、物語上でも重要な存在となるティファの前日譚は、『FF7 リバース』のストーリーを理解するのに大いに役立ちます。

 理解を深めるには『Traces of Two Pasts』を読んでもらうのが一番ですが、いきなりお勧めされても戸惑うことでしょう。そこでまずは、この小説でどんなティファが描かれているのか、その要所を分かりやすくお伝えします。

●ティファがクラウドを意識したのは、やっぱりあの時!
 ティファの物語は、ニブルヘイムで暮らす幼い少女時代から始まります。まだ子供だった彼女は、仲の良い男の子たちとよく遊び、時に「お茶会」なども開きながら過ごしていました。しかし、ティファとの仲を深めたがる幼なじみと比較すると、同じ村で育ったクラウドとの接点は少なめです。

 そんな幼なじみたちも、憧れと自身の成功のため、大きくなると村を飛び出してミッドガルに向かいました。まるで自分だけ取り残されたような寂しさを覚えるティファですが、同じように「村を出る」と明かすクラウドとのやりとりを通じて、この時に「ふたりで過ごしたいと思う」という恋心を抱きます。

 クラウドが村を出ると告げた給水塔のシーンは作中にありますが、その前後の心情や「好き」という気持ちが初めて芽生えた瞬間が、『Traces of Two Pasts』で明確に記されていました。

●師匠への弟子入り、そしてちょっと意外なお金稼ぎ
 セフィロスを追いかける日々のなかで、ティファの高い戦闘能力は、大事な戦力のひとつです。その卓越した格闘術を身に付けたきっかけもニブルヘイムにあり、教えを受ける師匠との出会いが小説に記されています。

 村を訪れた格闘術師範の「ザンガン」は、村人たちに格闘術……ではなく、長生き体操を教えます。年寄りも多い村なので、格闘よりも体操の方が需要は高いのでしょう。そしてこの体操でティファの素質を見抜き、ザンガンは彼女を弟子とし、自身の格闘術を伝授しました。

 ザンガンが村を去った後も、受け取った秘伝書をもとにティファは鍛錬を続けます。それと共に、お年寄り相手の体操教室を行い、1時間あたりひとり6ギルの収入を得ていました。そうした日常が垣間見えるのも、本書ならではの醍醐味でしょう。

 ティファの日常はおおむね穏やかで、彼女は己の鍛錬に打ち込んでいました。しかし、平穏な日々が一変する事件──ニブルヘイムの炎上が、ティファの人生を一変させます。

【画像】えっ、スタイル抜群! これが「リメイクでさらに美麗になったティファ」です(9枚)

画像ギャラリー

1 2