マグミクス | manga * anime * game

【漫画】育児しんどい、子供がかわいくない…心が壊れていく母親に「まんま自分」「分かる」の声

待望の子供が産まれてからずっと調子が悪い女性。メンタルも安定せず、育児に協力的な夫にも理不尽な態度をとってしまうこともあるようです。子供が大きくなるまでの我慢だと自分にいい聞かせますが、なかなかそうもいかない日々が続きます。ある日、息子に強めにあたってしまい……? 作者のあさのゆきこにお話を聞きました。

育児の悩みをひとりで抱え込んでしまう女性

幸せなはずの育児に悩む母親(あさのゆきこさん提供)
幸せなはずの育児に悩む母親(あさのゆきこさん提供)

 主人公の女性は、待望の子供が産まれてからずっと調子が悪いままです。メンタルも安定せず、夫に理不尽な態度をとってしまうことも。子供がもう少し大きくなるまでの我慢だと自分にいい聞かせますが、なかなかそうもいかない日々が続きます。

 育児ノイローゼについて調べてみますが、産後の母親はみんな通る道で、「自分が向いていないだけ」だと思ってしまいます。むしろ周りの人の協力もあり、育児環境に恵まれているので、前向きになろうと思うのですが、つらい気持ちを拭えることはできないでいました。ある日、かまってほしい息子に対して、感情を爆発させてしまって……?

 あさのゆきこさん(@YUKIKOASANO)が『親になるのに向いてない人の話』としてX(旧:Twitter)に投稿した『親になるのに向いてない』が話題です。いいね数は7500を超えており、読者からは「ひとりで抱え込まないでとかいわれるけど、ひとりでやるしかないんだよね」「まんま自分のことでした……。これをこの時期に話せる仲間が欲しかったな」「みんなこうやって悩んで、つらい日々を繰り返して、少しずつ母親になっていくんだね」などの声があがっています。

 あさのゆきこさんは漫画家として活動しており、今作以外にも、母親のひと言に込められた本音を描いたマンガ『お母さんの正体 ハルカママの言えない本音』(コアミックス)が発売中です。

 作者のあさのゆきこさんにお話を聞きました。

ーーX(旧:Twitter)で投稿した『親になるのに向いてない人の話』が生まれたきっかけや、理由を教えて下さい。

 私自身、数年前に初めて子供を産んでいろいろ悩んだので、その頃の自分が読んで励まされるような話を描きたいと思ったのがきっかけです。

ーー子育ての苦悩が描かれていました。今作を描くうえで気を付けたことやお気に入りのシーンなどはありますか?

 お気に入りのシーンは息子の目が現れるところです。主人公が息子をかわいいと思い始めるのをああいう形で表現しました。

育児がつらいお母さんへのメッセージが詰まった『親になるのに向いてない人の話』(コアミックス)
育児がつらいお母さんへのメッセージが詰まった『親になるのに向いてない人の話』(コアミックス)

ーーたくさんの感想が寄せられています。特にうれしかった感想の声、印象に残った読者のコメントはありましたか?

 本当にたくさんの感想をいただいて身に余る光栄でした。特に挙げるならば、ご自分の大事な話を私などにDMやメッセージでお話ししていただいたことがとても恐縮で、でもありがたかったです。マンガを描いていてよかったと思いました。

ーー2024年2月5日にKindleにて公開されている『親になるのに向いてない』(全2巻)で続きを読むことができます。あらすじや見どころ、作品に込めた思いなどを教えて下さい。

 待望の子供がなぜかかわいくない。自分を責めて追い詰める主人公。親子が再起するお話です。育児で悩んでいる方に、あなただけじゃないよという思いを込めました。

ーー今後はどのような創作活動をされる予定ですか?

 しばらくはブログでマンガを描きつつ、やりたいことを模索していこうと思っています。

(マグミクス編集部)

【マンガ本編】恵まれた環境なのに「育児がつらい」 心が壊れていく母親の姿

画像ギャラリー

あさのゆきこ

漫画家。Kindleにて『親になるのに向いてない』(全2巻)公開中。そのほかにも、母親の一言に込められた本音を描いたマンガ『お母さんの正体 ハルカママの言えない本音』(コアミックス)が発売中。
X(旧:Twitter):@YUKIKOASANO