マグミクス | manga * anime * game

【漫画】スリランカのホテルで早朝、ドアを叩き怒る人が! 5万人が「怖っ」

夫や子供、友人と一緒にスリランカ旅行へ行った作者。泊まったホテルで、早朝5時に異様な音が聞こえてきました。そっと部屋のドアを開けて様子をうかがってみると、ホテルの入り口のドアを叩いて怒っている人がいて……。Instagramで公開されたマンガが、「めっちゃ怖い!」と話題です。作者のchazさんにお話を聞きました。

「ドンドンドン」異様な音で目が覚める

マンガ「宿泊先ナゾの騒音」のカット(chazさん提供)
マンガ「宿泊先ナゾの騒音」のカット(chazさん提供)

 作者がスリランカへ旅行したときの怖かった出来事について描いたマンガ「宿泊先ナゾの騒音」が、Instagramで合計1万以上のいいねを集めて話題となっています。

 夫と子供、友人も一緒にスリランカ旅行へ行った作者。小さなホテルに泊まった翌朝の5時、「ドンドンドン」という異様な音で目が覚めました。部屋のドアをそっと開けて様子をうかがってみると、ホテルの入り口のドアを怒ったように叩き続けている人がいて……。読者からは、「めっちゃ怖い!」「旦那さん頼もしい」などの声があがっています。

 このマンガを描いたのは、イラストレーターのchazさんです。Instagramやchazさんのホームページなどでマンガを発表しています。chazさんに、作品についてのお話を聞きました。

ーー海外旅行へはよく行かれるのですか?

 子供が生まれる前は、たまに行っていました。主な渡航先は、スリランカやカンボジア、フィリピン、モロッコ、カナダなどです。

ーー鳴り止まないドアの音を聞いていたとき、どのような心境でしたか?

 これまでの旅行先でも、突然知らない人が部屋に入ってきたことがあったので、「いったい誰なのか?」「また部屋に入ってこられないだろうか?」など、とても不安でした。また、子供と一緒にいたので不安は倍増でしたね。

ーーもし、旦那様が来てくれなかったら、どのように対処しようと考えていましたか?

 ひたすら止むのを待ち、部屋に閉じこもっていたかと思います。

ーーこのあと、ドアを叩いていた人とは話しましたか?

 私は話していませんが、夫が話しました。「助かった」とホッとしていたようで、予想とまったく違い、怖い人ではありませんでした(笑)。

ーー作中では、頼もしい旦那様の様子がうかがえます。今回のエピソード以外にも、旦那様を「頼もしいなあ」と感じたエピソードはありますか?

 久々の海外旅行で、私は英語が思いのほか聞き取れなかったのですが、ホテルの予約やさまざまな交渉などを夫が対応してくれたので、とても頼もしかったです。

ーー作品について、どのような意見が寄せられていますか?

「めっちゃ怖い」「旦那さん頼もしい」「私も以前、ホテルで同様の音がして眠れなかったことを思い出しました」などのコメントをいただきました。なかには、作中の外国人さんと同じような状況になったことがあるという方も。ほかにも、「宿の方のゆるい感じが、日本にはない雰囲気で面白かった」など、いろいろな意見が寄せられました。

ーー今回のマンガを描いたきっかけを教えて下さい。

 2歳児の息子を連れた海外旅行は、大変なことも多かったのですが、それ以上に良い経験になったことがたくさんあり、記録したいなと思ったので描きました。

(マグミクス編集部)

【マンガ本編】スリランカのホテルで早朝、ドアを叩く音 いったい何?

画像ギャラリー