マグミクス | manga * anime * game

『ナウシカ』の原型が『ルパン三世』に? 宮崎駿監督との深い関係性【ナウシカ劇場公開40周年】

2024年3月11日に劇場公開40周年を迎える『風の谷のナウシカ』。今でも高い人気を誇る宮崎アニメの代表作のひとつです。そんなナウシカには前身とも言えるキャラクターが存在します。この記事では『風の谷のナウシカ』や『天空の城ラピュタ』のイメージの原点を振り返ります。

宮崎駿監督と『ルパン三世』の関係

軽やかに飛行するナウシカ。画像は「風の谷のナウシカ」場面カット (C)1994 Isao Takahata/Studio Ghibli, NH
軽やかに飛行するナウシカ。画像は「風の谷のナウシカ」場面カット (C)1994 Isao Takahata/Studio Ghibli, NH

 2024年3月11日に劇場公開40周年を迎える『風の谷のナウシカ』は、劇場公開後、何度も「金曜ロードショー」でTV放送されたこともあって、国民的な知名度を誇る名作です。映画に先んじて1982年から連載されていた原作マンガは、映画公開から10年後の1994年に完結しました。2024年は『風の谷のナウシカ』劇場公開40周年であると同時に、原作完結30周年だといえます。

 長年に渡って多くのファンに愛されてきたナウシカですが、実は最初から完成されたキャラクターとして原作マンガに現れたわけではなさそうです。この記事では宮崎アニメの初期の名作『風の谷のナウシカ』や『天空の城ラピュタ』のイメージの原点を振り返ります。

 宮崎監督による「ルパン」といえば、1979年に公開された映画『ルパン三世 カリオストロの城』(以下、カリ城)が有名です。ウェディングドレス姿のまま逃げる少女を謎の追っ手から救ったことで、ルパン一味はカリオストロ家の財宝を巡る陰謀へと巻き込まれます。繊細な心理描写と圧倒的なアクション、そしてスリルに満ちたストーリー展開は冒険アニメのお手本ともいえる大傑作だといえるでしょう。また島本須美さんが演じるカリオストロ大公の娘「クラリス」の可憐な姿は多くのファンを魅了しました。

『カリ城』公開後も宮崎監督は「照樹務」名義で「ルパン」に関わり続けました。1980年にテレビ放送された『ルパン三世part2』の145話『死の翼アルバトロス』と最終話『さらば愛しきルパンよ』で脚本・演出を担当しています。どちらも宮崎監督の作家性が存分に発揮されており、ファンの間では神作と名高い人気エピソードです。そして、この『ルパン』には、後の宮崎アニメに通じる重要なキャラクターやメカが登場します。

【画像】あっ、見つけた! ジブリ作品にこっそり出ているキャラたち(4枚)

画像ギャラリー

1 2 3