マグミクス | manga * anime * game

宮崎駿監督のアカデミー賞受賞なるか? 『君たちはどう生きるか』で弔った「大切な人」

米国映画界の祭典「アカデミー賞」の授賞式が、2024年3月11日に迫っています。宮崎駿監督の『君たちはどう生きるか』は2023年12月に米国で公開され、アカデミー賞長編アニメーション部門にノミネートされています。難解な作品と思われがちな『君たちはどう生きるか』ですが、83歳になる宮崎監督が作品にどんな想いを込めたのかを探ります。

日本映画が注目を集めるアカデミー賞

『君たちはどう生きるか』の主人公を異世界へ誘うアオサギは、宮崎駿監督の親しい人物が投影されている? (C) 2023 Hayao Miyazaki/Studio Ghibli
『君たちはどう生きるか』の主人公を異世界へ誘うアオサギは、宮崎駿監督の親しい人物が投影されている? (C) 2023 Hayao Miyazaki/Studio Ghibli

 宮崎駿監督の長編アニメ『君たちはどう生きるか』は、2023年7月に公開され、現在もロングラン上映が続き、興収89.5億円のヒット作となっています。2024年1月で83歳になった宮崎監督ですが、『君たちはどう生きるか』は米国の「第96回アカデミー賞」長編アニメ部門にノミネートされており、まだまだ平穏な日々を過ごすことはできないようです。

 日本時間の2024年3月11日(月)には、ロサンゼルスにてアカデミー賞授賞式が開催され、各部門の受賞者が発表されます。山崎貴監督の『ゴジラ-1.0』は視覚効果賞、役所広司さんが主演した『パーフェクト・デイズ』は国際映画賞にノミネートされており、例年以上に日本からの注目度が高いアカデミー賞授賞式となっています。

 もし宮崎監督が受賞すれば、『千と千尋の神隠し』(2001年)以来となる2度目の受賞になります。2014年にはアカデミー賞名誉賞にも選ばれており、3つめのオスカー像を手にすることになります。

 日本では難解な印象が持たれた『君たちはどう生きるか』ですが、海外では高く評価されています。改めて、宮崎駿作品の魅力をひも解いてみたいと思います。

生と死の境界があいまいな宮崎アニメ

 宮崎監督は前作『風立ちぬ』(2013年)の完成後に引退会見を開いていますが、その引退宣言を撤回して制作したのが『君たちはどう生きるか』です。物語は太平洋戦争中の空襲から始まります。主人公の眞人少年は空襲で亡くなった母のことが忘れられず、母の実家にある不思議な塔を探検することに。宮崎監督の実体験を交えた異世界ファンタジーとなっています。

 宮崎監督の父親は再婚歴があり、戦時中は軍需工場を営んでいたこと、母親は病気だったために、宮崎監督は寂しい少年時代を過ごしたことが知られています。

 NHK総合で2023年12月に放送されたドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀/ジブリと宮崎駿の2399日』では、眞人を異世界へ誘うアオサギは「スタジオジブリ」の鈴木敏夫プロデューサー、異世界に迷い込んだ眞人をサポートするキリコは2016年に亡くなった色彩設計者の保田道世さんがモデルだと明かしていました。

 すでに亡くなった人、今も宮崎監督を支えている人、現実世界での生死に関係なく、宮崎監督の人生に強い影響を与えてきた人たちがアニメキャラとなって、宮崎監督が描くアニメーションの世界で活躍していたわけです。

 奇妙な違和感を感じてしまうのは、生と死の境界があいまいなためでしょう。

【画像】「えっ… そうなの?」これが宮崎駿監督に影響を与えたとされる映画作品です(6枚)

画像ギャラリー

1 2