マグミクス | manga * anime * game

危なすぎて最近の『ドラクエ』ではマイルドに? 気づいたら無くなってた「定番要素」

長い歴史のある「ドラクエ」シリーズには、いつの間にか見なくなった設定やシステムが存在します。そんな最近の「ドラクエ」シリーズからフェードアウトしつつある要素を振り返ります。

謎の多かったステータスのひとつが消滅?

画像は『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』スマートフォン版(スクウェア・エニックス)
画像は『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』スマートフォン版(スクウェア・エニックス)

 日本を代表するRPG「ドラゴンクエスト」シリーズは、1986年に発売されたファミコン版の初代から始まり、現在も新作が制作されている作品です。今のところ11作のナンバリングタイトルがリリースされています。

 その長い歴史のなかで、いつの間にか見なくなったシステムや設定が存在するのをご存知でしょうか。そこで今回は昔は定番だったものの、フェードアウトしてしまった要素を振り返ります。

●何に影響するのかピンとこないステータス「運の良さ」

「ドラクエ」シリーズのキャラには、各種能力を示すステータスが存在します。ステータスには「こうげき力(攻撃力)」「しゅび力(守備力)」といった分かりやすいものから、「うんのよさ(運の良さ)」という漠然とした項目までありました。

 この「うんのよさ」が初登場したのは、ファミコン版『ドラクエIII』のことです。説明書には「戦闘中のあらゆるところで、運の良さは発揮されます。逃げるときや、敵に呪文をかけられそうになったときなど、役に立つでしょう」と解説されていました。

 しかし、ファミコン版の公式ガイドブックには「敵の攻撃から身をかわす確率が高くなるかも」と、書かれており、どちらが正しいのかよく分かりません。

 結局「うんのよさ」は、ナンバリングタイトルでは『ドラクエV』を最後に、ステータスの項目から消えてしまいました。やはり効果が分かりにくかったうえに、プレイしていても実感しにくいのが理由だったのかもしれません。

 ちなみに「うんのよさ」というだけに、モンスター格闘場やカジノで賭け事をやるときに影響しそうですが、実際はまったく関係のないステータスでした。

【画像】「えっ…? 昔からあったのか」 これが『ドラクエ』作品で驚いた過激な要素です(4枚)

画像ギャラリー

1 2