マグミクス | manga * anime * game

通勤・通学の「席ガチャ」 鉄道会社も認識 乗車マナーへの対策と実際のところは?

鉄道の車内で隣にどんな人が座るかは完全なる運任せであり、時には大ハズレを引くこともあるでしょう。そうした様子を描くエッセイマンガ『席ガチャ』から、乗車マナーの現状や鉄道会社の対応などについて見ていきます。

新生活が始まる季節…覚悟はできた?

青木ぼんろ先生の『席ガチャ』より、ハズレを引いた瞬間
青木ぼんろ先生の『席ガチャ』より、ハズレを引いた瞬間

 進学や就職など新生活が始まる季節、通勤/通学電車デビューを迎えるという人も多いことでしょう。「特に朝の混み合う時間帯は、シートに座れるだけで幸運を噛みしめてしまう」という記述が大げさではないことを実感するのも、まもなくです。

 しかし座れたとしても、そこからもうひとつ、運を試されることになります。「隣にどのような人が座る/座っているか」、すなわち「席ガチャ」です。

 電車通勤をしている青木ぼんろ先生( @aobonro )がX(旧Twitter)で公開している『席ガチャ』は、この毎日の運試しにおいて、ある日強烈な「ハズレ」を引いてしまった際の顛末を描いたエッセイマンガで、投稿には6000件以上のいいねが集まりました。

「毎日通勤電車に乗っていると、隣の席にどんな人が座るかというのが結構、重要だということに気付きました」と、青木先生は執筆のきっかけについて話します。

「えずいてしまうくらいアルコールの匂いがする人、スマホでゲームをやっていて、すごいスピードのタップによって肘を私の脇腹にガンガン入れてくる人。逆に小柄なお年寄りが両隣に座ったときはものすごい広く静かなスペースになったりなど、それが当たり外れのある『ガチャ』のようだと思い、今回のハズレエピソードを描きました」(青木ぼんろ先生)

 マンガ『席ガチャ』に登場する「隣に座る人」は、大きく足を開いてシートを広く占拠するのみならず、イヤホンもせず音声の出る動画を鑑賞するという、実に迷惑な「ハズレ」さんです。

 このような「座り方がなっていない人」というのは実際に多いようで、鉄道事業者72社から構成される一般社団法人 日本民営鉄道協会(東京都千代田区)が2023年12月19日に公開した、WEB上で毎年、実施している「迷惑と感じる行為」に関するアンケートの結果でも、「席の座り方(詰めない・足を伸ばす等)」がもっとも票を集めていました。

 鉄道車両の座席は、いわゆるロングシート(窓に背を向けて座るタイプ)にも何人掛けかという定員があるものの、座り方によっては定員どおり座れないこともあります。そしてアンケート結果にも表れているように、多くの人が座り方に関し迷惑を感じているというのが現状です。鉄道各社はこれについて、どのような対策を講じているのでしょうか。

【マンガ本編】ある日電車で隣に「蟹」が座ってきた…「席ガチャ」大ハズレからの逆転はあるのか

画像ギャラリー

1 2