マグミクス | manga * anime * game

『ワンピ』サボが勝率は低い…けど「最強」の声があがる理由 カギは飛び抜けた戦闘センスと豪運か?

『ONE PIECE(ワンピース)』に登場するサボは革命軍の参謀総長であり、ルフィの義兄です。1110話の展開から、サボの戦闘力に再び注目が集まっています。

サボは「最強の運」を持つ男?

サボを立体化した「Portrait.Of.Piratesワンピース“LIMITED EDITION”サボ ~火拳継承~」(メガハウス)
サボを立体化した「Portrait.Of.Piratesワンピース“LIMITED EDITION”サボ ~火拳継承~」(メガハウス)

『ONE PIECE(ワンピース)』の主人公であるモンキー・D・ルフィにはふたりの兄がいます。ひとりは頂上戦争で命を落としたポートガス・D・エースです。そして、もうひとりは長年、行方不明となっていたサボでした。

※この記事には「週刊少年ジャンプ」2024年16号に収録された『ONE PIECE』1110話の内容を含みます。

 ルフィの兄ということもあり、サボの戦闘力は相当なものであることがうかがえます。
そして、最新1110話で「五老星の恐ろしさ」が明かされたことで、サボの能力に再び注目が集まりました。

 最新話で明かされた五老星はそれぞれ異形の姿をしており、パシフィスタは瞬殺され、ニカに覚醒したルフィですらてこずりそうな雰囲気でした。

 過去に、サボは聖地「マリージョア」でネフェルタリ・コブラと五老星の会話を聞いていたことがバレ、追われる身となってしまいます。その際、五老星全員から狙われながらも、コブラを抱えて逃げ延びたため、「やはり兄はすごい」「万全の状態ならひとりで戦えたのでは?」との声も聞かれました。

 総合的な戦闘力では、ほかのキャラが優勢となるかもしれませんが、スピードや運に関していうとサボは作中最強なのかもしれません。

 初登場した「ドレスローザ編」では、ただでさえ革命軍の参謀総長にのぼりつめるほど戦闘力が高いのに、力技ではなく、策略を取り入れた戦法で勝利し、「メラメラの実」の能力を手に入れていました。

また3度、命の危険にさらされながらも生き延びている点もあげられます。幼少期、会場で行方不明になった際はドラゴンに助けられ、「世界会議(レヴェリー)」後は五老星から2度、命を狙われるも助かっています。

 劇場版『FILM GOLD』ではCP-0の人獣型となったロブ・ルッチとも渡り合い、「ドレスローザ」ではジーザス・バージェスの波動エルボーを正面から受け止めたあとに強烈な一撃でバージェスの巨漢を吹き飛ばしました。ほかにも、海軍本部大将である藤虎(イッショウ)率いる海軍の足止め役を果たします。(ただ、お互いに本気を出していたかは不明)

 サボの場合、足止めを担当することが多いため、勝負に勝敗が付くことは少ないです。しかし、「相手をひきつけ続ける」ことは、勝負に勝つよりも難しく、トップレベルの戦闘力を要することではないでしょうか。

 現状、サボはカマバッカ王国にいるようで、ルフィとの再会はまだ先となりそうですが、きっとルフィが危機に瀕した際は、ヒーローのように現れて、颯爽と助けてくれるのかも知れません。

(マグミクス編集部)

【画像】えっ、違和感… これは本編では描かれない、サボのちょんまげ姿です

画像ギャラリー