マグミクス | manga * anime * game

【漫画】壁に書かれた謎の暗号 大人になって解読すると? 約4万人が「なるほどね!」「ゾクゾクした」

町の壁に、記号が計算式のようになった不思議な落書きを見つけた少年。彼は何か答えがあるかもしれないと思い、解こうと試みるのですがいっこうに分かりません。するとクラスメイトの女の子が声を掛けてきて……? 作者のミヤギトオルさんにお話を聞きました。

不思議な計算式の意味とは

街角でみかけた不思議な計算式がどうしても気になる少年(ミヤギトオルさん提供)
街角でみかけた不思議な計算式がどうしても気になる少年(ミヤギトオルさん提供)

 主人公の少年は、町の壁に不思議な落書きを見つけます。彼は記号が計算式のような落書きに何か答えがあるのではと思い、チョークで解こうと試みます。すると、後ろからクラスメイトのソフィアが声を掛けてきます。彼女はチョークを手に取り、計算式を重ね合わせていきます。ひとつの図形が浮かび上がってきますが、結局それが何かは分かりませんでした。その後、しばらくするとソフィアは学校に来なくなり……?

 ミヤギトオルさん(@mitume333)による創作マンガ『不思議な計算式を解こうとする少年の話』がX(旧:Twitter)上で公開されました。今作はWebマガジン「ミライのアイデア」で連載中の『不思議ヶ丘の人々』の第15話「壁の計算式」です。いいね数は3.9万を超えており、読者からは「面白い世界観!」「オチで『なるほどねーー!』とひざを打った。いろいろ想像膨らむ」「続きが読みたいっ! 引き込まれっぱなしだ」などの声があがっています。

 ミヤギトオルさんは漫画家として活動しており、今作以外にも人間と妖怪が共存する商店街を描いたファンタジーマンガ『鬼姫神社通り商店街』(KADOKAWA)が発売中です。

 作者のミヤギトオルさんにお話を聞きました。

ーー今作『不思議な計算式を解こうとする少年の話』が生まれたきっかけや、理由を教えて下さい。

 この話は2023年の夏に、一度連載用に描いていたのですが、計算式の答えが「街の地図」であるという部分にたどり着けず、ボツになっていました。そこから1年間寝かせて、久しぶりにマンガのネームを見直したら、計算式の答えが「街の地図」であるということに気付いて、そこの部分を描き足して形にしました。

 描くにあたって、ヨーロッパの城壁都市のことなどを調べました。防衛のためだけでなく、占星術や魔術的な意味もあり、面白いと思い参考にしました。

ーー不思議な世界観にとても引き込まれました。今作を描くうえでこだわった点や、お気に入りのシーンなどはありますか?

 気に入っているシーンはラストのソフィアと一緒に街を出て行くシーンです。街を見つめる少年の表情にこだわりました。

人間と妖怪が共存する商店街で描かれる心温まるファンタジー『鬼姫神社通り商店街』著:ミヤギトオル(KADOKAWA)
人間と妖怪が共存する商店街で描かれる心温まるファンタジー『鬼姫神社通り商店街』著:ミヤギトオル(KADOKAWA)

ーー読者からは「主人公の少年とソフィアの今後がどうなるのかが気になる」という反響がありました。続編の予定はありますか?

 続編は連載『不思議ヶ丘の人々』のなかで内容がリンクする話を描くかもしれません。

ーー「内側の人間」が「外側の世界」へ出ていくというストーリー展開が評判です。作品に込めた思いなどを教えて下さい。

 私自身、現状を打破してその外側に進みたいという思いを持っているので、その思いをマンガに込めました。

ーーそのほかにも、たくさんの感想が寄せられています。特にうれしかった感想の声、印象に残った読者のコメントはありましたか?

「ゾクゾクした」「成長と別離と旅立ち。居続ける人たちを見下さないのも良い」「不思議な味わいの素敵な寓話」「この話をきっかけに連載『不思議ヶ丘の人々』のほかの話も全部読みました。考えさせられたりドキッとしたり、ほっこりしたりして面白い」というコメントがうれしかったです。お読みいただいたみなさま、ありがとうございます!!

ーー書籍『鬼姫神社通り商店街』(KADOKAWA)が2023年8月31日に発売されています。あらすじや見どころを教えて下さい。

 人間と妖怪が住む「鬼姫神社通り商店街」。食べること、おしゃれすることが大好きな商店街の守り神・鬼姫は、悪い妖怪から人びとを守るため華麗に戦う。そんなかわいくてかっこいい鬼姫を、商店街の人びとは温かく見守る。さまざまな事件が起こる商店街で、人間と妖怪がちょっと不思議な日常を送るファンタジー作品です。

 おいしい商店街グルメとかわいい妖怪たちが見どころ。心温まるストーリー満載で、お子様からご年配の方まで幅広く楽しんでいただける作品です。

ーー今後、X(旧:Twitter)で発表される作品については、どのように活動していきたいとお考えでしょうか?

 これまで通りマンガを描いたら載せていこうと思っています。書籍としてまとめて形にできたらうれしいです。応援よろしくお願いいたします!

(マグミクス編集部)

【マンガ本編】子供の頃は解けなかった、壁に書かれた謎の暗号 成長後、解読すると?

画像ギャラリー

ミヤギトオル

漫画家。Webマガジン「ミライのアイデア」で『不思議ヶ丘の人々』を連載中。そのほかにも、人間と妖怪が共存する商店街を描いたファンタジーマンガ『鬼姫神社通り商店街』(KADOKAWA)が発売中 。
X(旧:Twitter):@mitume333