マグミクス | manga * anime * game

昭和生まれが若者に勧めたい! 令和でも絶対楽しめるレトロゲーム3選

さまざまな技術が発展し取り入れられている現代、「レトロゲームなんて古いしつまらない」とプレイを避けている人も多いのではないでしょうか。流行やハードに関わらず、真の名作とはいつの時代も独自の面白さが存在します。本記事では、令和の若者におすすめしたい名作レトロゲームを紹介します。

令和の新作にも引けを取らない名作レトロゲーム

おどろおどろしい雰囲気に、子供時代はドキドキしてプレイした ファミコン用ソフト『悪魔城ドラキュラ』タイトル画面(コナミ)
おどろおどろしい雰囲気に、子供時代はドキドキしてプレイした ファミコン用ソフト『悪魔城ドラキュラ』タイトル画面(コナミ)

 さまざまな元号をまたぎながら、ゲーム業界は大きな進化を続けてきました。なかには時間こそ過ぎたものの、令和にプレイしても最新タイトルに劣らない面白さを持つレトロゲームも存在します。本記事では、昭和世代が若者におすすめしたい、名作レトロゲームを紹介します。

 2019年にシリーズ8タイトルがNintendo Switch、PlayStation 4でいっせいに移植された「悪魔城ドラキュラ」シリーズは、レトロゲームの入り口としておすすめです。『悪魔城ドラキュラ』は1986年に発売されたファミコンソフトを初作としたシリーズで、ヴァンパイアハンターの主人公が吸血鬼ドラキュラを討伐するための冒険に出る、ホラーアクションゲームです。

 ホラー映画のような壮大なグラフィックと世界観、美しいBGMが高く評価されており、幅広いに自信をもって勧めることができるタイトルです。

 親しみやすいおなじみのシリーズ作品として、1996年発売の『星のカービィ スーパーデラックス』(以下、スーパーデラックス)も欠かせません。「万人向け」というコンセプトで作られただけあって、ひとつのソフトに9種類の異なるゲームが詰め込まれた夢の作品です。

 アクションのイメージが強い『星のカービィ』ですが、『スーパーデラックス』の場合、「カービィ」と「デデデ大王」でどれだけ多くの食べ物を食べられるかを競う「グルメレース」が印象に残っているプレイヤーが多いのではないでしょうか。レース場にちりばめられている食べ物を食べて点数を競い合うモードのほか、単独でより速いゴール記録を目指すタイムアタックもあり、やり込み要素もバツグンです。

【画像】えっ…安易におすすめはできない こちらが「トラウマ展開がエグい」ソフトです(5枚)

画像ギャラリー

1 2