マグミクス | manga * anime * game

「え…マジで」「強すぎ」 最終章で色々驚いた『ワンピ』初期キャラ3選

1000話を超える大長編物語となっている『ONE PIECE(ワンピース)』は、意外な展開もあr物語も魅力ですが、序盤に登場したキャラクターたちが思わぬ形で再登場するシーンにも胸が高鳴ります。現在麦わらの一味が冒険中の新世界でも、物語初期、グランドライン前半に登場したキャラクターたちが驚きの活躍を見せました。

みんな成長!初期キャラの熱い再登場劇

「フィギュアーツZERO コビー&ヘルメッポ」(BANDAI SPIRITS)
「フィギュアーツZERO コビー&ヘルメッポ」(BANDAI SPIRITS)

※この記事では単行本108巻未収録の『ONE PIECE』第1106話以降のネタバレがあります。

 コミックスの巻数が100巻を越えるほどの超大作となっている『ONE PIECE』は、途中で読むのを止めてしまい、後悔している人も多いのではないでしょうか。今回はそんな人たちが驚くであろう、初期から登場し、最終章で驚きの活躍や新事実が判明した懐かしいキャラクターたちを振り返ります。

 ルフィと出会ってから海軍の見習いになり、短期間で曹長、2年後には大佐という大出世を遂げたコビーは、重要なキャラクターとして存在感を発揮しています。コビーといえば原作の第2話から登場する最古参のキャラクターで、初登場時は女海賊アルビダの船で雑用としてこき使われていた冴えない少年でした。そんな彼はウォーターセブン編で再登場した際には精悍な顔つきに変わっており、それ以降作中でも指折りの実力者へと成長していくことになります。

 最近、コビーがその実力を最大限に発揮したのは、黒ひげのアジトであるハチノスにおいての戦闘です。コビーはアマゾン・リリーでの黒ひげとの闘いをきっかけに、海賊島ハチノスに囚われていました。

 その後、師であるモンキー・D・ガープ中将が率いる仲間たちが助けに現れ、ガープの捨て身の戦いもあって脱出まであと一歩のところまで迫ります。しかし、黒ひげ海賊団四番船船長で「シマシマの実」の能力者であるアバロ・ピサロの巨大な手が、仲間の乗る船に襲い掛かりました。

 ここでコビーは、山のような大きさの手を武装色の覇気の必殺技「実直拳骨(オネスティインパクト)」で破壊し、仲間の窮地を救う大活躍をみせたのです。「海軍大将になる」という目標が現実味を帯びてきたコビーですが、現在は師のガープが大怪我を負ってハチノスに取り残されている状態なので今後どのような行動に出るのか、注目が集まります。

 そのほか、聖地マリージョアにて世界会議(レヴェリー)が開かれた際には、「アラバスタ編」完結までルフィたちを行動をともにしていた王女ネフェルタリ・ビビが再登場しています。世界会議の裏では、「五老星」をも従える真の最高権力者として「イム様」なる謎の人物が登場したほか、最終章では世界会議で起きた事件の詳細が明かされ、さらにビビの父コブラ王の口からネフェルタリ家も「Dの一族」であったことが明かされ、多くのファンを驚かせました。

 その後、イム様と対峙したコブラは殺されてしまいました。さらにその後、イム様は何らかの理由でビビを欲しがっていることも明らかになります。

 父を殺されたビビはその後、世界会議から失踪という形で姿を消すのですが、その逃走劇に一役買っていたのが、「ドラム王国編」の悪役ワポルです。なんと彼は悪ブラックドラム王国の国王として返り咲き、世界会議(レヴェリー)に再登場していました。そして、偶然コブラ王殺害と謎の権力者イム様の存在を知ってしまったワポルは、パンゲア城内の壁を壊しながら逃走し、途中でCP0に捕まっていたビビを偶然助け出して世界会議から逃げ出します。

 その後、世界経済新聞社のモルガンズにかくまってもらったビビとワポルは、今後のどのような行動に出るのでしょうか。父を亡くしたビビへ人間らしい気遣いを見せたワポルは、ファンの間で少し株も上がっており、意外な活躍も期待できそうです。

 そして、エッグヘッド島では、ルフィたちのピンチに強力な助っ人が登場しました。それは、かつてグランドライン前半の島「リトルガーデン」で出会った、巨人族のドリーとブロギー(巨兵海賊団船長)です。また世界政府に騙されエニエス・ロビーで門番を務めていた、元巨兵海賊団のオイモとカーシーも、エッグヘッドに同行していました。

 巨人族が住むエルバフには、太陽を崇拝する「冬至祭」と呼ばれる文化が存在しており、ルフィの手にした能力「太陽神ニカ」とも、浅からぬ関係がありそうです。このタイミングでの再登場に「激アツ!」「エルバフ編確定か」「絶対来てくれると思った」など、歓喜の声であふれていました。ドリーとブロギーは怪物に変身した五老星たち相手にもひるまず相変わらずの強さを見せており、今後の活躍にも要注目です。

(マグミクス編集部)

【画像】え…っ? 「イケメン化が止まらない」「衣装もかっこよすぎ」 これが『FILM RED』の時のコビーです

画像ギャラリー

1 2