マグミクス | manga * anime * game

制作費の使途が怪しい!? ハイクオリティな「夜のお店」を再現した名作ゲーム

名作ゲームは開発者の「遊び心」から生まれるのかもしれません。趣味と実益、ゲームのクオリティ追求が見事に融合したかに見える作品について振り返ります。

趣味性の追求がクオリティアップに貢献?

『龍が如く』の舞台となる神室町 (C)SEGA
『龍が如く』の舞台となる神室町 (C)SEGA

 ゲーム開発や映画撮影に代表されるクリエイティブな仕事の裏側には、しばしば予想外の動機が隠れていることがあります。もしかしたらある種のゲームは、開発者が趣味と実益を兼ねて作ったのかもしれません。この記事では、そんな「遊び心」が生んだ(?)作品を振り返ります。

●『龍が如く』シリーズ

『龍が如く』シリーズ(セガ)は「大人向けエンタテイメント」というコンセプトで制作されたアクションアドベンチャーゲームです。裏社会を舞台に、熱い魂を持った男たちが己の信念や目的のために戦いを繰り広げます。2023年時点でシリーズ累計2100万本をセールスしており、世界中で多くの人に愛されてきました。

 昭和の任侠映画のような雰囲気の本作ですが、実は物語の本筋に関わらない要素が充実していることでも知られています。特筆すべきは歓楽街の再現度の高さです。ゲーム内でいわゆるキャバクラやカラオケ、麻雀、パチスロ、ビリヤード、カジノなどが楽しめます。ミニゲームながらもそのクオリティは非常に高く、メインストーリーそっちのけでハマってしまう人もいるようです。

 その解像度の高さから、相当、現場を知るために通い詰めたのではないかと邪推してしまうほどです。釣りゲームやゴルフゲームなども、実際の釣りやゴルフを嗜むことはゲーム開発の経費(取材費でしょうか)として計上できるでしょう。「もしかしたらそれが目的では!?」と思わせてくれるほど、『龍が如く』に再現された歓楽街は本気を感じる作り込みで、そしてそれが本作の魅力のひとつです。

 メインストーリーや喧嘩バトルを楽しむだけでなく、本作を歓楽街シミュレーターとして遊んでいる人も多いでしょう。『龍が如く』シリーズには熱い男の魂と遊び心が込められています。

【画像】「夜のお店」のゲームといえば…こちらが水着姿も眩しい『ドリームクラブ』の「ホストガール」たちです

画像ギャラリー

1 2