マグミクス | manga * anime * game

『蒼炎の軌跡』の続編、『FE 暁の女神』 心惹かれた「悪の中間管理職」の生き様

2007年2月22日にWii専用タイトルとして発売された『ファイアーエムブレム 暁の女神』は、ゲームキューブ専用タイトル『ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』の3年後が舞台の続編。前作のキャラクターの再登場も胸躍るものでありながら、敵側も魅力的な人物が存在しました。

アイクが筋肉質に! 味方・敵陣営とも魅力を放つキャラクター

『ファイアーエムブレム 暁の女神』(任天堂)
『ファイアーエムブレム 暁の女神』(任天堂)

 2007年2月22日にWii専用タイトルとして発売された『ファイアーエムブレム 暁の女神』(以下、暁の女神)は、ゲームキューブ専用タイトル『ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』(以下、蒼炎の軌跡)の3年後が舞台の続編です。本作は4部構成の群像劇となっており、『蒼炎の軌跡』から続く戦争の系譜をはじめ、いわゆる人間である「ベオク」と、獣や鳥、竜の特徴を持つ「ラグズ」の争いや神々の介入など、テリウス大陸全土を揺るがした物語を大胆に描きました。

 基本的なゲームシステムは前作を踏襲しつつも、さまざまな試みがなされていた点も特徴です。『FE』シリーズ初となる高低差の実装も注目に値しますが、なかでも演出面は特筆すべきポイント。ハードがゲームキューブからWiiへと移ったこともあり、戦闘中のキャラモーションがバリエーション豊かになったほか、要所で挿入されるCGムービー数も大幅アップ。「総勢200名近くの開発スタッフのうち、約半数が美術スタッフだった」(当時のインタビューより)という逸話からも、開発陣の力の入れ具合が伺えます。

 そのような演出面に加え、本作に登場するキャラクターたちも十二分に魅力的。暁の団の一員としてだけでなく、旧デイン王国の復興を願い戦場に乗り出す「ミカヤ」。彼女を側で支えるべく、仲間たちと一緒に戦いに挑む「サザ」。そして第3部からは、ベグニオン帝国とラグズ連合のにらみ合いを前に、『蒼炎の軌跡』でクリミアを勝利に導いたグレイル傭兵団の長「アイク」も参戦し、立場や所属、思想までも異なる人々の視点から物語が紡がれます。

 筆者個人としては、前作キャラクターの参戦は嬉しいポイントでした。3年という時間を経た彼(彼女ら)の成長ぶりを見ることができ、旧友と久々に再開した気分を味わえたからです。ピンクのショートカットが目立つマーシャは、時の流れからか髪が伸びていたり、パープルのロングヘアーに天真爛漫な性格のワユは、根本的な部分は変わっていないながら、やはり女性らしい体格になっていたり……。どうしても女性キャラの麗しさに目が行ってしまいましたが、前述のアイクが今まで以上に”筋肉質”になっていた事実には、良い意味で期待を裏切られました。

心惹かれたのは、悪役の生きざま

『暁の女神』の前作となる『ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』(任天堂)
『暁の女神』の前作となる『ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』(任天堂)

 しかし、本作で魅力を放つキャラクターは何もプレイヤー陣営だけではありません。筆者の心をゲーム冒頭でガシッとつかんだのは、ベグニオン帝国の将軍であり、第1部の大ボスとして立ちはだかった「ジェルド」でした。

 第1部2章で本格的に姿を現したジェルドは、手始めと言わんばかりに帝国軍を妨害する街の住民をためらうことなく始末。「上官の命令はすみやかに確実に遂行しろ」と冷淡に言い放つ光景を目撃し、Wiiリモコンを握る手がジワリと汗ばんだのを覚えています。

 冷酷無比。敵はもちろん、捉えた捕虜も作戦の為とあらば躊躇なく消してしまう。ここまでだと、ジェルドは”気持ちの良いまでに悪人”という評価で終わっていたかもしれません。とはいえ彼もまた、汚職や不正行為に手を染める上官の手下であり、無能な人間の命令に従い、時には帝国軍人として部下を叱責する立場にありました。誤解を恐れずに形容するなら、”悪の中間管理職”に就いていたのです。

 自身も出向先のデイン王国で悪事を働いていましたが、軍人としての誇りを常に忘れていなかったようで、上官に裏切られたと知りながらも、最後まで帝国軍人として生きる道を選びました。

 自らの運命を悟ったジェルドは、ミカヤに対して夜襲を仕掛けるも漆黒の騎士から返り討ちにあい、あえなく虫の息に。これで退場かと思いきや、寸出のところで副官のアルダーが現場に乱入し、ジェルドを庇って絶命します。

 その際にアルダーの遺した「最後は将軍と共に戦いたい。私も部下たちもみんな……あなたを慕って……」というメッセージは、ゲーム序盤において特に印象深いテキスト。ジェルドは単なる悪役ではなく、部下から人望を集めるカリスマ性を持つ上司だった……という真実を突きつけられました。

 最期は帝国軍人のまま死ぬべく、王都ネヴァサを戦火に巻き込みながらデイン解放軍と一戦を交えたジェルド。彼の登場は第1部のみなので、ゲームが進むにつれて印象が薄くなるのは仕方ないかもしれません。それでもなお筆者の胸中には、尾を引く切なさと第1部終盤で語ったジェルドの言葉が未だにリフレインしています。

「べグニオン帝国軍の恐ろしさを、デインの連中の脳裏に焼き付けてやれ!」
「俺たちは帝国軍人だ! その誇りを抱いて死ぬがいい!! 行けーーーー!」

(龍田優貴)

【画像】『暁の女神』の魅力的なキャラクターたち

画像ギャラリー