マグミクス | manga * anime * game

『ドラクエ』勇者たちを翻弄した「パルプンテ」 誘惑に負け、ラスボス戦で使った結果が悲惨!

「何が起こるから分からない」という、ミステリアスな魅力を秘めた呪文「パルプンテ」。絶体絶命のピンチを逆転する効果から、使用したことを後悔するような効果を秘めており、非常にギャンブル性の高い呪文といえるでしょう。その特殊な仕様のためか、プレイヤーによって「パルプンテ」にまつわる思い出も多岐にわたるようです。

切り札にも悪影響にもなるギャンブル呪文

『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』(画像は同作のAndroidアプリ版)
『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』(画像は同作のAndroidアプリ版)

 マグミクスは「“お前それ何やねん…”とガッカリした『ドラクエ3』魔法使いが高レベルで覚える呪文」と題して、期待を下回る「ザンネンな呪文」を振り返る記事を配信し、読者からは多くの反響がありました。コメント欄では特に「パルプンテ」についてのコメントが多く挙がりました。

 パルプンテはファミコン版『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』から登場しました。使用後は何が起こるか分からないという運頼みの呪文です。

 なかでも「流星が降り注ぎ、敵味方全員のHPが1になる」「力がみなぎり、味方全員の通常攻撃が必ず会心になる」といった戦況を一変させる効果には、多くのプレイヤーが夢を見たのではないでしょうか。時には「なにもおこらなかった!」と不発になり、MPとターンを無駄に浪費してしまうこともありました。

 ナンバリングタイトルによっては、パルプンテを使用したことで「ラスボス戦がやり直しになった」というプレイヤーもいたようです。代表的なのが『ドラクエ2』のラスボスである「シドー」です。シドーはファミコン版では「ベホマ」を連発する強敵です。リメイク版以降でベホマが廃止された後も、高過ぎるHPが勇者を苦しめました。

『ドラクエ2』のパルプンテの効果には「とてつもなく恐ろしいものをよびだす」という、「敵全員が逃げ出す」効果をもたらすものが存在します。実はこの効果は、シドーと、その前に登場する「ハーゴン」にも適用されるのです。ハーゴンはほかの雑魚キャラ同様、逃げ出して終わります。ところが、ラスボスのシドーはそういうわけにもいきません。

 なんとシドーにこの効果が発動すると、一度は逃げ出すもののすぐさま戦闘が再開されてしまいます。戦闘がリセットされてしまうため、シドーのHPも全回復しており、ダメージを負った状態の勇者たちにとっては大打撃です。「恐ろしいものでも倒せないってもう反則技だろ」という声もあれば、「破壊神すら一度は逃げ出す恐ろしいものってなにもの?」という声もみられました。

 なかには、『ドラゴンクエストVI 幻の大地』の「デスタムーア」戦で、勝利寸前に使ってみたら「その戦闘を最初からやりなおす」が出て衝撃を受けたという声もありました。一方、同じ効果が全滅寸前で発動して「助かった」という思い出をもつプレイヤーもいたようです。

 一方で、パルプンテを上手に利用して戦闘に役立てていたプレイヤーもいます。例えば経験値が多い代わりにダメージがなかなか与えられない「メタルスライム」などのメタル系の魔物に対しては、パルプンテの「大きな魔人が現れる」「地震が起きる」といった敵全体に防御を無視してダメージを与える効果が重宝されていました。

 パルプンテの効果がさまざまなだけに、プレイヤーによって印象や思い出はかなり違うようです。皆さんが覚えているのは、どんな効果でしょうか?

Andoroid版『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』:
(C)1987, 2014 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved

(マグミクス編集部)

【画像】え、可愛すぎる! こちらが見た目と呪文の強さのギャップにやられる美少女です(4枚)

画像ギャラリー