マグミクス | manga * anime * game

『キン肉マン』の本当の顔は別人? 初回放送で世間をざわつかせた彼の素顔

2024年7月7日より『キン肉マン 完璧超人始祖編』の放送が始まりました。これまでの名場面がぎゅっと詰め込まれるなか、「キン肉マン」の素顔に注目が集まっているようです。

40年以上の歴史で一度も明らかにされていない「素顔」に隠された秘密

アニメ『キン肉マン 完璧超人始祖編』ティザービジュアル (C)ゆでたまご/集英社・キン肉マン製作委員会
アニメ『キン肉マン 完璧超人始祖編』ティザービジュアル (C)ゆでたまご/集英社・キン肉マン製作委員会

 2024年夏アニメに『キン肉マン 完璧超人始祖編』の放送で発表され、往年のファンが歓喜の声をあげました。7月7日に放送された初回第0話は、仲間たちとともにキン肉マンの激闘の日々を振り返ります。「キン肉マン(キン肉スグル/CV:宮野真守)」のマスクが破れている場面があり、彼の素顔への注目が集まりました。

『キン肉マン 完璧超人始祖編』第0話は、キン肉マンの故郷「キン肉星」ではなく彼が慣れ親しんだもうひとつの地、東京は田園調布の「キン肉ハウス」から始まります。往年の仲間たちに囲まれるなか、親友でありライバルのテリーマンからの結婚祝いと称したスパーリングが繰り広げられました。その様子とともに、本編へいたるまでの過去の死闘を振り返ります。

「怪獣退治編」「超人オリンピック編」「7人の悪魔超人編」「黄金のマスク編」「夢の超人タッグ編」「そして「キン肉星王位争奪編」。これまでの闘いを令和のアニメで見られることに、ファンは大いに沸き立ちました。キン肉マンにあまり詳しくない人にとっても分かりやすくまとめられ、今作からはじめて観始めた視聴者にも分かりやすい回想編となっていました。

 過去の振り返りを見ていると、キン肉マンの顔がやぶけて髪が見えるシーンが何度かあります。私たちが普段見慣れている厚いクチビルの顔は、実はマスクだったのです。本来の顔は、40年以上の歴史でほとんど明かされることはありませんでした。

 キン肉マンの顔面の評価は、「ブタ面」など、ひどい言われようです。しかし、過去には漫画36巻の表紙にて、光を放ちながらもうっすらとキン肉マンの素顔が描かれています。鼻筋が通ったその顔は、かなりのイケメンだといえそうです。

 さらに決定的となったのが、2008年に放送された特番『死ぬまでに知りたい10の事』の、堂本光一さんがパーソナリティを務める同番組にて、「キン肉マンの素顔はどんな顔?」というテーマがピックアップされます。

 そこで、作者である漫画ユニット「ゆでたまご」の嶋田隆司先生が、番組のために彼の顔を描き下ろしました。黒髪でキリッとした目鼻立ちは、まさにイケメンそのものです。逆にこんなイケメンが数々のギャグシーンを演じていたのかと、違う意味で番組は騒然となりました。

 主人公のキン肉スグルが名を連ねるキン肉星の王族は、生涯マスクをかぶって過ごすことが義務付けられています。この掟は想像以上に厳格で、もしも誰かに素顔を見られた場合、自害しなくてはならないのです。仮にマスクを盗まれた場合でも、24時間以内に取り戻さなければやはり自害しなくてはなりません。

 それほどの厳しい掟に従い、キン肉マンはマスクをかぶり超人たちと闘い続けます。この素顔をアニメなどで見ることは、果たしてあるのでしょうか?

(サトートモロー)

【画像】もうちょいで見えそう! これがキン肉マンの素顔です(3枚)

画像ギャラリー