マグミクス | manga * anime * game

漫画『ゲームセンターあらし』 40年も前に「eスポーツ」描いてた?

ゲームの力で地球を守り、そして宇宙へ…?

『ゲームセンターあらし』作者のすがやみつる先生は、パラアスリートと人気漫画家がコラボレーションしたパラスポーツの普及啓発映像『FIND YOUR HERO』(2018年)の制作に参加、ボッチャのイラストを作画している(画像:東京都)
『ゲームセンターあらし』作者のすがやみつる先生は、パラアスリートと人気漫画家がコラボレーションしたパラスポーツの普及啓発映像『FIND YOUR HERO』(2018年)の制作に参加、ボッチャのイラストを作画している(画像:東京都)

 一応、内容としてはファミコンが登場する以前の「スペースインベーダー」や「ギャラクシアン」、「ムーンクレスタ」、「クレイジークライマー」などの昭和のアーケードゲームやカシオの「ゲーム電卓」がバトルの題材として登場するのですが、実はゲーム内容に触れることはほとんどなく、バトルの描写は必殺技の名前を連呼するだけの「リングにかけろ」状態です。

 精神エネルギーを使い雷や風を起こす「グレートタイフーン」や、空気中の水分をレンズのようにして太陽の光と熱でゲームマシンを直撃する「レインボーバズーカ」、全宇宙のエネルギーを体に集めて放出する「スーパーノヴァ」など、もはや超能力の領域です。

 同作のアニメ版のオープニングでは、水木一郎アニキが「地球の敵~をぶっとばせぇ♪」と熱唱していますが、敵キャラも人間に限らず、クマやホワイトパンサーなどの動物からキングコングのようにデカいゴリラの「キンチャンコング」、そして「暗黒七魔神」との闘いまで、文字どおりゲームバトルが地球を救うための闘いになる場面も。

 そして、最終回では未来人の宇宙船に乗って「この宇宙にゲームを通して真の平和と友情を伝えるため」、盟友の「一平太」や「さとる」とともになぜか宇宙へ旅立つというブッ飛んだ結末となっています。

 もちろん、現実世界のeスポーツで、コンピューターをバグらせているだけの技である「炎のコマ」や「エレクトリック・サンダー」を使うことは反則でしょうし、「水魚のポーズ」で精神統一している間に負けてしまうことは確実なのですが、そこにビデオゲームを舞台とした熱い闘いが描かれていたことは事実です。世界的にゲームバトルが認知され、日夜さかんに行われている現在の状況は、「昭和のオッサン」である筆者としては、なんとも言えぬ感慨を感じる次第です。

(渡辺まこと)

●アニメ『ゲームセンターあらし』第1話(コロコロチャンネル公式)

【画像】懐かしすぎ!『ゲームセンターあらし』に登場した名作ゲームたち(6枚)

画像ギャラリー

1 2