マグミクス | manga * anime * game

3Dアクション『ガングリフォン』の圧倒的なリアル 陸上自衛隊で大人気との噂も

1996年3月15日、ゲームアーツからセガサターン用ソフト『GUNGRIFFON THE EURASIAN CONFLICT』が発売されました。セガサターンの性能をフルに活用した3Dアクションゲームで、歩行兵器「HIGH-MACS」を操り未来の戦場を駆け回る、ミリタリー色が極めて濃い作品でした。

ムービーから漂う圧倒的なリアル

『ガングリフォン』サターンコレクション(ゲームアーツ)
『ガングリフォン』サターンコレクション(ゲームアーツ)

 1996年3月15日、ゲームアーツからセガサターン用ソフト『GUNGRIFFON THE EURASIAN CONFLICT(ガングリフォン ザ ユーラシアン コンフリクト)』(以下、ガングリフォン)が発売されました。セガサターンの性能をフルに活用した3Dアクションゲームで、歩行兵器「HIGH-MACS」を操り未来の戦場を駆け回る、ミリタリー色が極めて濃い作品です。ライターの早川清一朗さんが、当時の記憶を語ります。

* * *

『ガングリフォン』を購入したのは『Jリーグ プロサッカークラブをつくろう!』を一通りプレイし終えて、残りの春休みにどのゲームをプレイしようかと考えていた時期でした。
子供の頃から『超時空要塞マクロス』などのロボットアニメや、ゲームの『スーパーロボット大戦』シリーズにハマっていた筆者は、この頃ロボットのゲームであれば片っ端から購入してプレイしており、『ガングリフォン』はそのなかのひとつだったのです。

『ガングリフォン』をプレイしようとしてまず驚かされたのが、オープニングムービーです。1996年ともなるとゲームにムービーが付くことは多くなってきていたのですが、『ガングリフォン』のようなリアルな戦闘を描いていたものはまだ少なかったのです。

 紛争地域で遭遇した従来型戦車であるレオパルト3に次々と破壊されていく90式戦車改。90式を「ブリキ缶」と揶揄(やゆ)するレオパルド3の戦車兵たち。そこに空挺降下してきた12式装甲歩行戦闘車 HIGH-MACSが次々に襲い掛かります。宙に舞って敵軍のヘリを撃墜し、続けざまに空中からの連続砲撃で戦車、歩行戦闘車を駆逐するHIGH-MACSの圧倒的な三次元機動力と破壊力、そしてムービーから漂う戦場の香りは、それまで目にしたゲームからは感じたことがないものでした。

 このムービーを見ただけで「すごい! 買ってよかった!」と感服したものですが、ゲームの内容もまた、次世代機セガサターンの実力にふさわしいものだったのです。

【画像】ミリタリーファンを魅了した『ガングリフォン』シリーズ

画像ギャラリー

1 2