マグミクス | manga * anime * game

ウルトラマンを倒した怪獣「ゼットン」 TVの前の子供たちを絶望の淵に叩き込む

1967年4月9日、特撮TVドラマ『ウルトラマン』最終話「さらばウルトラマン」が放送されました。地球侵略を目論むゼットン星人の切り札として登場した宇宙恐竜ゼットンは、圧倒的な力でウルトラマンを倒します。その後も多くの「ウルトラシリーズ」に強力怪獣の象徴として登場し、歴代のウルトラ戦士たちを苦しめてきました。

ウルトラマンを倒した怪獣、ゼットン

『円谷プロ全怪獣図鑑』(小学館)
『円谷プロ全怪獣図鑑』(小学館)

 1967年4月9日は、『ウルトラマン』最終話「さらばウルトラマン」が放送された日です。地球侵略を目論むゼットン星人の切り札として登場した宇宙恐竜ゼットンは、圧倒的な力でウルトラマンを倒し、TVの前の子供たちを絶望させました。初登場から50年以上が経過した現在でも、「最強怪獣」の代名詞として高い知名度と人気を誇っています。幼少時に見たゼットンの思い出を、ライターの早川清一朗さんが語ります。

* * *

 筆者がゼットンの存在を知ったのは、ケイブンシャの『ウルトラマン大百科』だったと思います。凶悪怪獣をスペシウム光線や八つ裂き光輪で倒してきたウルトラマンが唯一敗北し、死に追いやられた最強怪獣として書かれており、強さと美しさを合わせ持つデザインも相まって、強烈な印象を植え付けられた記憶があります。

 ただ残念なことに、当時はVHSビデオすらまだ普及しておらず、見たい番組を自由に見ることはできません。再放送だけが望みの綱でしたが、筆者が住んでいた地域では先に『帰ってきたウルトラマン』が始まったので、初めて見たゼットンは二代目でした。ちょっとメタボなフォルムでそれなりに強かった印象がありますが、バット星人と二体がかりでも「新マン」に倒されてしまっているため、絶対的な強さを感じるには至りませんでした。

 本物のゼットンを見たい、再放送はまだだろうか。そう願っていた筆者は、ある日新聞のTV欄で、とても興味を引かれる番組を見つけたのです。

 昭和50年代から平成の初期あたりの時代には、アニメや特撮の名場面を切り出した特集番組がよく放送されていました。『フランダースの犬』でネロがパトラッシュと共に天に召されるシーンや『みなしごハッチ』でハッチがママと出会うシーンを何度見たかは数え切れません。そういった番組に、今回はゼットンが登場すると書かれていたのです。これはもう見るしかないと、夜が楽しみで仕方がなかった記憶があります。

 そうして番組が始まりましたが、『ウルトラマン』そしてゼットンは、番組の最後の方に登場するだろうというのは、子供心にも分かっていました。なので焦らず、次々と登場する特撮ヒーローたちの活躍に目を輝かせながら、その時を待っていました。

1 2 3