マグミクス | manga * anime * game

5月17日は水谷優子さんの命日 病室に台本を、最後の言葉は「仕事に行きたい」

幅広い役を演じ分ける確かな実力

『天空戦記シュラト』ラクシュ役 画像はサウンドトラック『天空戦記シュラト Soul Lovers Only!』(キングレコード)
『天空戦記シュラト』ラクシュ役 画像はサウンドトラック『天空戦記シュラト Soul Lovers Only!』(キングレコード)

『ジリオン』の終了後、次に筆者がたっぷりと水谷さんの声を聞くことができた作品は、『天空戦記シュラト』(以下、シュラト)です。この作品では『ジリオン』の「ホワイト・ナッツ」を務めた関俊彦氏、井上和彦氏、そして水谷さんの3人が主要キャラを務めており、「やった!ホワイト・ナッツがそろってる!」と大喜びしたのをよく覚えています。

 なお『シュラト』の世界設定を担当したのが脚本家・作家のあかほりさとる氏で、これ以降、水谷さんはあかほり氏作品の常連となり、『爆れつハンター』のショコラ・ミスなど印象深い役を次々と演じるようになります。

 また1994年の4月から放送が開始されたラジオ番組「あかほりさとる劇場 爆れつハンター」では水谷さんとあかほり氏のコンビでパーソナリティを務め、その後さまざまに名前を変更しながらも「ポリケロシリーズ」として継続していた番組を、2016年の逝去まで実に22年2か月の間、見事に務め上げ、多くの人に笑顔を届けてくれました。

 私生活では『ジリオン』と『シュラト』の両作品で監督を務めていた西久保瑞穂氏と1994年に結婚しています。しかしその後も仕事のペースはまったく衰えることなく、『機動新世紀ガンダムX』のカリス・ノーティラスでは男性役、『デジモンアドベンチャー』の武之内空で少女役、『ブラック・ジャック』ではピノコでは幼女役、さらには複数の作品でお母さん役を演じるなど幅広い役柄を演じ分ける実力の高さを発揮し、見事な活躍を続けていました。

 ただ、2005年から2006年にかけて上映された劇場版『機動戦士Zガンダム A New Translation』では水谷さん初のレギュラーキャラだったサラ・ザビアロフの再オーディションを受ける気満々だったそうですが、連絡が来ることなくオーディションは終了してしまったことをとても残念がっておられました。2005年バージョンのサラ・ザビアロフをもし水谷さんが演じていたらどうなっていたのか、聞いてみたかった気もします。

 正直、水谷さんが出演している作品の数は膨大で、少し前の作品を見ればいくらでも声を聞くことができます。水谷さんは、かつて演じたキャラクターたちとして、今もさまざまな場所で生きている。そのように感じられてなりません。

(ライター 早川清一朗)

【画像】水谷優子さんが演じたキャラクターたち(6枚)

画像ギャラリー

1 2