マグミクス | manga * anime * game

裏番組が強すぎたアニメ『ストップ!!ひばりくん!』 「男の娘」に少年たちは衝撃

1983年5月20日、TVアニメ『ストップ!!ひばりくん!』が放送開始。「男の娘」という言葉がまだ存在しなかった時代、ヒロインを女装した男性が務めるという、1980年代としては飛躍的な発想のギャグ作品で、当時アニメを見た少年たちに大きな衝撃を与えました。

男の娘という言葉はまだ存在しなかった

『ストップ!!ひばりくん!』 DVD-BOX デジタルリマスター版(TCエンタテインメント)
『ストップ!!ひばりくん!』 DVD-BOX デジタルリマスター版(TCエンタテインメント)

 1983年5月20日は、TVアニメ『ストップ!!ひばりくん!』(以下、ひばりくん)の放送が開始された日です。ヒロインを女装した男性が務めるという、1980年代としては飛躍的な発想のギャグ作品で、当時アニメを見た少年たちに大きな衝撃を与えました。江口寿史氏が「週刊少年ジャンプ」に連載していた原作は諸事情から1983年に打ち切りとなり長く未完のままとなっていましたが、27年後の2010年に発売された『ストップ!!ひばりくん!コンプリート・エディション』により完結しています。予備知識なしにアニメを見て、最初はひばりくんが女性だと気づかなかった記憶を持つライターの早川清一朗さんが、当時の困惑を語ります。

* * *

 オープニングアニメーションで、ハートマークが背景から飛んでくる場面にかわいい子がいたら、女の子だと考えるのが37年前の普通だったと思います。現代のように「男の娘」という言葉がジャンル化し、さまざまな作品に当たり前のように存在している時代ではなかったのです。

 とはいえ『ひばりくん』が関東圏で放送されていた枠の前番組は『ぼくパタリロ!』だったので、バンコランとマライヒのような美青年、美少年間ではぐくまれる愛もあるのだということは、おぼろげながらも分かっていました。

 それでも新番組として始まった『ひばりくん』で、美少女のふりをして主人公の耕作を誘惑していたひばりくんが、実は男だったと分かったときは「なんで男が男のことを好きだって言ってるんだろう?」と困惑した覚えがあります。『無敵超人ザンボット3』の残酷描写とは違う意味で、この作品を小学生が普通にアニメを見る金曜夜7時に放送した理由を今でも知りたいと考えています。当時の小学生にはまだ早すぎたような気がするのです。

 ちなみにひばりくんのキャラクターボイスを担当したのは間嶋里美さん。他にも『無敵ロボトライダーG7』の竹尾ワッ太や『機動戦士ガンダム』のミハル・ラトキエなどを演じています。後に『機動戦士ガンダム』アムロ・レイ役で知られる同じく声優の古谷徹さんと結婚して引退しましたが、『スーパーロボット大戦』シリーズで過去に演じたキャラクターのみという条件で、現役に復帰されています。

【画像】時代を先取り?可愛すぎる「男の娘」ひばりくん

画像ギャラリー

1 2