マグミクス | manga * anime * game

【シャーマンキング30周年への情熱(4)】高校時代の筆者が見た、武井宏之氏の驚異的な才能

国語の教科書に刻まれた、衝撃の「聖衣装着シーン」

マンガ『聖闘士星矢』kindle版第9巻(集英社)
マンガ『聖闘士星矢』kindle版第9巻(集英社)

 当時、現代国語の教科書はなかなかの厚さを誇っていました。武井氏はそこにパラパラマンガを描いていたのですが、その内容というのが、アニメ版『聖闘士星矢』の主人公・星矢の聖衣装着シーンだったのです。

 どのようなものかは、「バンダイチャンネル」などの配信サービスで観ることができます。(同サイトでは第1話が無料公開中。※記事執筆時点)。オープニングか、17分15秒ぐらいをご覧ください。

 カメラが星矢の足元からグルグル回り、次々と聖衣のパーツが装着され、最後の決めポーズまでしっかり描かれていました。授業中に描いているわけですから、参考にできる情報は記憶のみです。当時はインターネットも携帯電話も、もちろんスマホもありません。

 落書きをする学生は大勢いましたし、パラパラマンガで棒人間が走るようなものは定番でしょう。しかし武井氏の「落書き」は他の追随を許さないレベルでした。雑誌やテレビで目にするものを簡単に再現できてしまうというのは、当時の筆者たちにとって驚愕と同時に大きな憧れだったのです。

 なお、これらの「落書き」ですが、わら半紙の方は未確認ですが、教科書は今でも武井氏の実家に保管されているようです。

 さて、他にも逸話はいろいろあるのですが、この当時、筆者と武井氏との関係はまだ仲間同士での交流に留まり、個人的なつながりはそれほど深くありませんでした。それを意識し始めたのは、壊れかけの「MSX2+」本体(いわゆるパソコンです)をもらったった頃でしょうか。

 筆者は音楽制作のほか、TRPGのマスターをしたり、簡単なプログラムを組んだり、当時いろいろあった「○○ツクール」的なものを使ってRPGやアドベンチャーゲーム、シューティングゲームを作って遊ぶのが趣味でした。

 特にこの「作って遊ぶのが好き」のあたりが、意気投合のきっかけになったのだろうと思っています。そして、関係がより深く掘り下げられたのは武井氏が上京してからになるのですが……その時期のことについては次回触れてみたいと思います。

(タシロハヤト)

※アニメ『聖闘士星矢』フェニックス編は、バンダイチャンネル、Amazon Prime Video、Gyaoなどで配信中。バンダイチャンネルでは、記事中で紹介した「第1話 よみがえれ! 英雄伝説」を無料配信しています。

https://www.b-ch.com/titles/4144/001

【画像】武井氏の驚異的な作画力が分かる、漫画『シャーマンキング』のシーンと解説(4枚)

画像ギャラリー

1 2

タシロハヤト

美少女ゲームブランド「âge(アージュ)」の創立メンバーで、長らくシナリオ、演出、監督等を務める。代表作は「君が望む永遠」シリーズ、「マブラヴ」シリーズ。現在はフリーで活動中。『シャーマンキング』の作者、武井宏之氏と旧知の関係である縁から、同作の20周年企画に参加している。
https://twitter.com/tamwoo_k