マグミクス | manga * anime * game

ガンプラブームのさなかに放送『プラレス3四郎』 少年の夢をありったけ!

桜姫はアニメにはいなかった

原作コミック『プラレス3四郎』第1巻(秋田書店)
原作コミック『プラレス3四郎』第1巻(秋田書店)

 さて、アプリとのコラボのおかげで『プラレス3四郎』のことを思い出した作者でしたが、どうにも気になる点がありました。それは「桜姫って、見覚えがあるようなないような……いやいたはずだ。間違いなく見たことがある。こんなかわいいお色気キャラ、忘れるはずがない」という、どうにも不思議な感覚でした。

 そこで調べてみたところ、桜姫は原作には登場していましたが、アニメにはいなかったのです。筆者はアニメを見てから原作を読んだので、アニメに登場しているキャラは覚えていたのですが、原作にしかいないキャラは少々印象が薄かったようです。作品のヒロインである吹雪今日子がオーナーを務める設定で、デザインも良いのでアニメに登場しなかったのは少々もったいなかったような気がします。なお、今日子は続編の『プラレスラーVAN』に素形今日子として登場しているので、どうやら3四郎と結婚したようです。

 また筆者にとっては3四郎の妹、素形真知子も印象深いキャラだったのですが、実はアニメで設定されたキャラで、その後原作に逆輸入という形が取られていました。真知子の声を担当したのは2013年に亡くなった本多知恵子さん。『プラレス3四郎』は本多さんのデビュー作でもあるのです。

 本作が連載、放映されてからもう長い時間が経ちましたが、「少年少女が小さな相棒と戦いに挑む」という作品形式が残した影響は計り知れないものがあります。CLAMPの『ANGELIC LAYER』やTVアニメ『ガンダムビルドファイターズ』シリーズなど、『3四郎』の息吹を感じる作品は時代を超えて世に送り出され続けているのです。

 あれから35年以上の時間が経ちました。技術は進歩し、VR空間を使用したさまざまな試みが現在さまざまな形で進行中です。

 リアルのロボットではなくても、映画『サマーウォーズ』で描写されたようなVR空間での対戦格闘ならば、モデリングさえできれば「プラレス」の実現は可能なのではないでしょうか。

 もしかしたら柔王丸と桜姫がタッグを組んで戦える日が、もう目の前に、来ているのかもしれません。

(早川清一朗)

【画像】忘れるはずがない?可愛い「桜姫」の姿

画像ギャラリー

1 2