マグミクス | manga * anime * game

『ウテナ』『ARIA』声優・川上とも子さん 亡くなって9年「過去の人」ではない

2011年6月9日、声優の川上とも子さんが亡くなりました。代表作に、『少女革命ウテナ』の天上ウテナや『ARIA The ANIMATION』のアテナ・グローリィなど。2012年に発表された第6回声優アワードでは「表彰すべき特別な活動」として特別賞が贈られました。

6月9日は川上とも子さんの命日

『少女革命ウテナ』 画像はコンプリートCD-BOX(KINGRECORDS.CO.,LTD(K)(M))
『少女革命ウテナ』 画像はコンプリートCD-BOX(KINGRECORDS.CO.,LTD(K)(M))

 6月9日は、2011年にがんで亡くなった声優・川上とも子さんの命日です。『少女革命ウテナ』の天上ウテナや『ARIA The ANIMATION』のアテナ・グローリィなど印象的な役を熱演されていた川上さんは、病魔に侵されながらも自宅療養と入院による治療を繰り返しつつ最後まで声優であり続けました。川上さんが演じた役のなかでは『ちっちゃな雪使いシュガー』のシュガーが一番好きだというライターの早川清一朗さんが追悼します。

* * *

 川上さんが亡くなられたというニュースを見たときのショックは、今も忘れられません。『ケロロ軍曹』の日向冬樹役を体調不良で降板したことは知っていたのですが、他の作品でしばしば名前を見かけていたので、回復しつつあるのだろうと思っていたのです。

 当時の報道によれば、死因は卵巣がん。2008年夏ごろから体調不良を訴えており、8月19日に手術を受けたのですが、このとき既にがんは進行している状態でした。筆者が勝手に「ああ、川上さんいろんな役で出ているな。病気は良くなったのかな?」と思い込んでいたとき、川上さんは病の身で必死に声優として生きようとしていたのです。病状があまり情報として流れてこなかったという理由もありますが、不明を恥じるばかりです。

 41歳で亡くなった川上さんがもし存命であれば、2020年で50歳を迎えています。まだまだ、これからの人でした。謹んでご冥福をお祈りいたします。

 さて、筆者が川上さんの名前を初めて知ったのは、代表作となる『少女革命ウテナ』の天上ウテナ役でした。鮮烈にして美麗、気高いキャラクターたちとそれに命を吹き込む実力派声優が数多く登場するなかで、川上さんの凛とした声は主役としてウテナの存在を際立たせるだけの強烈な力を持っていたのです。

 ウテナで大きな注目を浴びた川上さんは、その後も『バトルアスリーテス 大運動会』のクリス・クリストファや『ちっちゃな雪使いシュガー』のシュガーなど、異なる色合いのキャラクターを演じる確かな実力と人気を兼ね備えた声優として重要なポジションを占めるに至りました。

【画像】川上とも子さんの出演作(6枚)

画像ギャラリー

1 2