マグミクス | manga * anime * game

主人公がチートすぎて面白い“異世界もの”アニメ3選 「スマホ太郎」って!?

無自覚に規格外! 周囲まで実力者に変えていく『賢者の孫』

●『賢者の孫』

『賢者の孫』 (C)2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会
『賢者の孫』 (C)2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

 最後は、2019年4月から6月にかけて放送された『賢者の孫』。こちらもひとつめの異世界スマホ同様、「小説家になろう」で連載されている吉岡剛氏による小説が原作です。日本のサラリーマンだった主人公は、仕事の疲れからぼーっとしていたところ交通事故に遭い死んでしまいます。そしてシン=ウォルフォード(CV:小林裕介)として生まれ変わり、前世の記憶を持ったまま異世界で生きることに。そんな彼を育ててくれたのは、偉大な賢者マーリン(CV:屋良有作)でした。シンはマーリンに育てられたことで規格外の魔法使いに成長し、その経歴と圧倒的な実力で、魔物から世界を救っていきます。

 マーリンは、この世界でその名を知らない者はいない、かつて世界を恐怖から救った偉大な人物。そのため国王など王国の重鎮たちとも近しい関係にあります。その影響でシンも知らず知らずのうちに権力者たちと親しくなっており、実力も相まってもはや無敵状態。しかし本人は自分の立場や規格外の実力に無自覚で、「またオレ何かやっちゃいました?」というようなすっとぼけたセリフで周囲を呆れさせ、それでいて周囲まで最強パーティーへと昇華させていくというチートっぷり。「スマホ太郎枠」のなかでも、かなり無双度高めの作品です。

* * *

 以上、主人公がチートすぎて面白い異世界転移アニメ3選をご紹介しました。重い作品の合間に、安心して楽しくアニメを観たい時に、こういった作品がきっと緊張をほぐしてくれます。もし自分がその力を手に入れたら……なんて考えるのも楽しいですね。

※配信状況は記事掲載時点のものです。

(水音)

【画像】安心して見られる?チートな主人公たち(6枚)

画像ギャラリー

1 2