マグミクス | manga * anime * game

「転生ものは飽きた」なんて言わせない!?「次にくるマンガ大賞」ノミネート作3選【Webマンガ部門】

第6回目となる「次にくるマンガ大賞2020」Webマンガ部門のノミネート作品から、気になる3作品をピックアップしてご紹介します!

青春もギャグも転生も! 「好き」が見つかる幅広いノミネート作品群

 日本最大級のWebマンガサービス「ニコニコ漫画」、そして本の情報誌「ダ・ヴィンチ」が共同開催するマンガファンのためのファンによるアワード「次にくるマンガ大賞」が今年も開催されます。第6回目となる「次にくるマンガ大賞2020」は、2020年7月3日(金)までユーザー投票が行なわれ、8月下旬に結果発表となります。

 この「次にくるマンガ大賞2020」を一層盛り上げるべく、動画配信サービス「U-NEXT」にて「コミックス部門」「Webマンガ部門」両者のノミネート作品50作品を無料で読めるキャンペーンが行なわれています。そこで、アニメ・マンガ大好きな筆者もノミネート作品を読み、気になった作品を部門ごとに3作品ピックアップしてご紹介します。こちらは「Webマンガ部門」から!

●『君には届かない。』(みか/KADOKAWA)

『君には届かない。』第1巻(KADOKAWA)
『君には届かない。』第1巻(KADOKAWA)

 ひとつめは、『君には届かない。』(みか/KADOKAWA)。明るく友達も多いが成績は赤点、顔は平均の平凡な高校生・カケル。対してクールで近寄りがたい印象はあるものの成績優秀、イケメンで身長も高く女子にも密かに人気があるヤマト。正反対ともいえるふたりですが、カケルとヤマトは幼なじみで、ずっとお互いを「友達」として大切に思ってきました。

 しかしある日、カケルの「好きな人いないの?」という問いに、「カケル」と返してきたヤマト。この時は、「悪い 俺そろそろバイトだから先帰るわ」という要件を言うための呼びかけだと判断したカケルですが、これ以降、ヤマトのことを妙に意識してしまいます。

 お互いにお互いを意識はしているものの、ずっと大切な友達だったふたり。もし下手なことを言って今の関係が壊れたらと思うと動けず、なかなか前に進めません。あと一歩踏み込めば両想いになれるのに! ともどかしさを感じつつも、この絶妙な距離感を崩せないふたりがただただ尊い……。カテゴリとしてはBLですが、ふたりの感情が繊細に描かれている青春ものなので、普段BLを読まない人にもぜひ読んでほしい一冊です。

●『姫様”拷問”の時間です』(春原ロビンソン、ひらけい/集英社)

『姫様”拷問”の時間です』第1巻(集英社)
『姫様”拷問”の時間です』第1巻(集英社)

 ふたつめは、『姫様”拷問”の時間です』(春原ロビンソン、ひらけい/集英社)。国王軍と魔王軍が衝突し、王国に伝わる聖剣エクスとともに魔王軍に囚われてしまった姫。魔王軍は、姫から王国の秘密を聞き出すべく、黙秘を続ける姫に拷問を仕掛けます。姫の目の前には「鉄の処女」など恐ろしい拷問器具がたくさん。いったいどんな拷問が行なわれるのか――。

 と思ったら、なんと鉄の処女から出てきたのはバターが乗ったほかほかのトースト! エクスは「そんな物で一体どうしようというんだ!!」「子供じゃあるまいし!」とつっこむが、姫は目の前のパリもちトーストにあっさり崩落。王国の弱点を話し始めます。そしてその後もたこ焼きなど、魅力的な食べ物で次々と姫を拷問して――!?

 序盤の鎖につながれた姫の睨みつけるような表情、そして拷問器具や怖そうな魔王軍が描かれたシリアスな場面から一転、ほかほかトーストが登場し姫が誘惑されるという想像の斜め上をいくギャグ展開に、ほっとすると同時に衝撃を受け一気に引き込まれてしまいます。“拷問”に屈した姫を見るエクスの佇む(?)姿が切ない! 今後どんな“拷問”が待ち受けているのかとついつい気になってしまう作品です。

【画像】2019年のWebマンガ部門TOP3は?

画像ギャラリー

1 2