マグミクス | manga * anime * game

『宇宙の騎士テッカマン』 語らずにはいられない、謎の男・アンドロー梅田の存在

敵か味方か、アンドロー梅田

『宇宙の騎士テッカマンブレード』 Blu-ray BOX(キングレコード)
『宇宙の騎士テッカマンブレード』 Blu-ray BOX(キングレコード)

 さて、主人公のテッカマンこと南城二や「ラーサー」のセリフが印象的なペガスなど、個性的なキャラクターが多数登場する本作ですが、もっとも目を引いたのは謎の男、アンドロー梅田です。

 金髪の巨大なアフロヘア―というだけでインパクト抜群のキャラクターではありますが、異様にカッコいいポーズからテレポートをしたり、怪力を発揮したりなどただの人間ではないことが序盤からこれでもかと描写されています。

 声優を務めたのはルパン三世役で知られる山田康雄氏。山田氏はそれほど多くのアニメに参加していた方ではありませんが、『テッカマン』に関しては勧善懲悪の物語ではないことを確認してから参加を承諾したそうです。また、どのキャラクターを演じるのか聞かされていない段階でシナリオをざっと眺めて、自分が演じるキャラクターはアンドローであることを即座に言い当てたともいわれています。

 そんなアンドロー梅田はサンノー星の出身で、ワルダスターに滅ぼされた移住船団の生き残りです。サンノー星に帰るためにワルダスターの宇宙船を入手しようと主人公たちスペースナイツに近づき、たびたびミステリアスな行動をとりますが、いざというときは地球人の味方となり危機を救ってくれ、やがてスペースナイツの一員となります。ニヒルな性格をしており直情的な性格の南城二とはしばしばぶつかり合いますが、次第に友情を深めていくのです。

 作中ではアンドローを軸に展開されるストーリーも多く、影の主人公といっても過言ではない存在感を示しています。

 キャラクターとしての人気も高く、2000年に発売されたゲーム『タツノコファイト』にも参戦していますが、このとき既に山田氏は亡くなられていたため、アンドロー役は親交が深かった野沢那智氏が代わりに演じています。これ以上の代役は、おそらく存在しないでしょう。

 ちなみに筆者は『テッカマン』を見てからアンドローのテレポートのポーズを何度か真似してみたのですが、これが案外難しく、指が吊りそうになりました。昔、子供の頃に『テッカマン』を見ていた方も、やっぱり真似をしていたのでしょうか? 当時を知る方に、一度聞いて見たい気がします。

(ライター 早川清一朗)

1 2 3