マグミクス | manga * anime * game

いきなり大人の展開!子供には早すぎた『マクロス』の後継番組『超時空世紀オーガス』

1話から大人の展開!

『超時空世紀オーガス』サウンドトラック(徳間ジャパンコミュニケーションズ)
『超時空世紀オーガス』サウンドトラック(徳間ジャパンコミュニケーションズ)

 早すぎると言えば、ストーリーも子供にはだいぶ早すぎるものでした。1話で主人公である桂木桂は恋人のひとり、ティナ・ヘンダーソンとの逢瀬に及んでいます。このとき実は子供ができており、後に敵のエースパイロット、アテナとして登場するのですが、リアルタイム視聴時には気づいていなかったと思います。

 また、時空振動弾の発動により桂がとばされてしまった場所は複数の並行世界が存在している混乱した世界というのも、まだ知識が足りない小学生時代の筆者には、理解が追い付かない設定でした。

 特に『オーガス』の放送時間は日曜日の午後という特殊な時間帯であり、家族と出かけたり友達と遊びに行ったりすると、なかなかアニメを見ることはできませんでした。当時は家庭用録画機材があまり普及していなかったため、一度見逃すとストーリーを追えなかったのです。作中で語られる膨大な設定も切れ切れに明かされる形となってしまい、いつしか「このアニメ、分からない」と無理に時間を作って見るのは諦め、たまに雨の日に見るくらいになっていきました。

 このように子供時代の『オーガス』の印象はそれほど強いものではありませんでしたが、それでもケーシー・ランキン氏が歌い上げるオープニング『漂流~スカイハリケーン~』とエンディングの『心はジプシー』は記憶に残り続け、今でもたまにカラオケで歌うことがあります。

 そしてそれから10数年後、たまたま『オーガス』を見返すことになった筆者は、世界を形作る膨大な量のSF知識と、それぞれの立場で苦悩するキャラクターたちの群像劇がストーリーに良く練り込まれた作品であったことに気づき、驚かされたのです。特に少女型人造人間であるモームのかわいらしさと切ない最後には、心を打たれました。

 設定を理解するのに十分な知識を持ち、続けてストーリーを追えるようになったからこそ真価を発揮する作品、それが『オーガス』なのでしょう。もし当時見ていて消化不良を感じていた方がいたら、ぜひ、見返してみることをお勧めします。大人になった今であれば、この作品が持つ奥深さに気づけるのではないかと思えるのです。

(ライター 早川清一朗)

【画像】OVAも制作される

画像ギャラリー

1 2