マグミクス | manga * anime * game

さすが俺たちのセガ!『ファイティングバイパーズ』エッジが効いた格ゲー

1996年8月30日、セガサターンで3D対戦格闘ゲーム『ファイティングバイパーズ』が発売されました。人気アーケードゲームの移植タイトル。ゲームセンターの熱気が絶頂に達していた時期に登場しました。

1990年代半ばのゲームセンターで…

PlayStation 2移植版『SEGA AGES2500シリーズ Vol.19 ファイティングバイパーズ』(セガ)
PlayStation 2移植版『SEGA AGES2500シリーズ Vol.19 ファイティングバイパーズ』(セガ)

 1996年8月30日は、セガサターンで3D対戦格闘ゲーム『ファイティングバイパーズ』が発売された日です。1995年にアーケードで発売された同タイトルの移植版で、コスプレイヤーやペプシマンなど個性的なキャラクターが派手なアクションを披露する、独特な存在感を持つタイトルとして一定の人気を得ました。1990年代半ば、対戦格闘ゲームに青春を燃やしていたライターの早川清一朗さんが、『ファイティングバイパーズ』との出会いと、セガサターン版を買ったときのエピソードを語ります。

* * *

 あれから25年の時間が経過したことに、ただ驚くほかはありません。当時筆者はちょうど大学生で、暇と体力と情熱のすべてをつぎこんで、ありとあらゆるゲームをプレイしまくっていました。『ファイティングバイパーズ』も、そのなかで出会った印象深いタイトルのひとつです。

 ちょうどこの時期は対戦格闘ゲームがすさまじい人気を誇っており、街のあちらこちらにあるゲームセンターには対戦台がずらりと並び、その後ろには順番待ちをしているゲーマーたちが群れを成していることなど、珍しくもなんともありませんでした。

 特に1994年11月に発売された『バーチャファイター2』の人気はすさまじく、ゲームセンターの熱気は、筆者が知る限り絶頂を迎えていたように思います。他にも「キング・オブ・ファイターズ」シリーズ(以下、KOF)や「サムライスピリッツ」シリーズ、『スーパーストリートファイターII X』など、多くのタイトルがとてつもない勢いでリリースされており、多くのゲーマーたちが夢中でプレイしていました。

 そんなある日、いつものように『KOF95』でもやろうかとなじみのゲームセンターにやってきた筆者の前に、セガの新作タイトルとして現れたのが『ファイティングバイパーズ』でした。興味をひかれ、少々の順番待ちのあとにプレイを開始した筆者でしたが、今まで経験したことのないいくつかの要素に驚かされることになったのです。

【画像】わざとアーマーを破壊させて楽しんだ!?コスプレイヤー「ハニー」

画像ギャラリー

1 2