マグミクス | manga * anime * game

『マジンガーZ』と『仮面ライダー』 …真逆だった70年代ヒーローの「交代劇」

マジンガーと真逆。番組最初の前後編で2人のヒーロー退場

『仮面ライダーV3』DVD  VOL.1(東映ビデオ)。「V3」の誕生と、ふたりのライダーとの別れが描かれる
『仮面ライダーV3』DVD  VOL.1(東映ビデオ)。「V3」の誕生と、ふたりのライダーとの別れが描かれる

 現在のように「アニメ」や「特撮」という言葉はなく、子供向け番組は「テレビまんが」と呼ばれていた時代。絶大な人気を得ていたテレビまんがのひとつが、『仮面ライダー」を始めとするライダーシリーズでした。そこへ『マジンガーZ』が放送を開始し、両者はやがて人気を二分する関係になっていきます。

『マジンガーZ』の放送開始が1972年12月3日。ライダーシリーズ第2作である『仮面ライダーV3』の放送開始は1973年2月17日のことです。ライダーの新旧交代はどんな形だったのでしょうか?

 世界征服を企むゲルショッカーは仮面ライダー1号、2号によって壊滅させられ、世界に平和が戻ります。しかし、新たな悪の組織デストロンが動き始めます。そのデストロンに重傷を負わされた風見志郎は1号、2号による改造手術で命を救われ、仮面ライダーV3としてよみがえります。

 だが、デストロン怪人カメバズーカの体内にある原爆から東京を守るため、1号と2号は海のはるか先の安全な場所へと怪人を連れ出し、その爆発に巻き込まれて消息不明になってしまいます。ひとり残されたV3は、デストロンとの孤独な戦いに身を投じます。

 後に1号、2号は九死に一生を得ていたことがわかります。そして、V3が危機におちいった時、助けるため日本へ帰ってきます。

 平和が戻った直後に新たな敵の台頭、新しいヒーローに後を任せて退場するそれまでのヒーロー、やがてヒーローはふたたび姿を現して共闘するという大きなフォーマットは共通していますが、大きく違う点がひとつあります。

 それは、交代劇が最終回か、番組開始時かということです。これは大きく印象が異なります。しかし、どちらが良いということではありません。ライダーの期待感あふれるスタート。マジンガーの絶望的な所から盛り上げる手法。どちらも当時の子供たちにとって、ワクワクするような展開です。だからこそ、両シリーズとも現代まで語り継がれるほどの名作たり得るのです。

 偶然でしょうが、初代ヒーローからの交代劇が真逆だったマジンガーと仮面ライダー。みなさんはどちらの展開が好みだったでしょうか?

 私はどちらも大好きです(笑)。

(加々美利治)

1 2 3